STU瀬戸内7県ツアー兵庫公演 「思い出せてよかった」ステージ初披露 12月23、24日の追加公演発表

徳島など瀬戸内海沿岸7県を拠点とするアイドルグループ「STU48」が7県を巡る初めてのライブツアーで、5県目となる兵庫公演が11月11日、神戸市の神戸ジーベックホールであった。グループにとって2曲目のオリジナル曲「思い出せてよかった」がステージ初披露されたほか、12月23、24日に同市で追加公演が行われることがサプライズ発表された。

「虹の作り方」を披露する(左から)門脇さん、薮下さん、佐野さん、石田みなみさん、磯貝さん

兵庫県出身の石田みなみさん(19)、門脇実優菜さん(14)ら16人が出演。地元の2人に、1期生オーディション2次審査を兵庫会場で受けた大阪府出身の佐野遥さん(22)と薮下楓(ふう)さん(17)、愛知県出身の磯貝花音(かのん)さん(17)を加えた5人が「虹の作り方」を元気いっぱいにパフォーマンスした。

凱旋公演となった兵庫出身の門脇さん(前列㊥)と石田みなみさん(同㊨)

「思い出せてよかった」は、11月22日に発売されるAKB48の新曲「11月のアンクレット」のカップリングとして収録されている。アンコールの最後となる18曲目に披露され、さわやかな歌声と軽快に飛び跳ねながら手足を動かす躍動的な振り付けに、昼夜2公演で詰め掛けた計約500人のファンが熱い声援を送った。

新曲「思い出せてよかった」がステージ初披露された

               【次ページにサプライズ発表の内容、全セットリストなど】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.