私たちの未来をはぐくもう vol.119


阿波市

阿波市「子育てひろば ちょこ」
「ちょこっと」の思いがつなぐ子育ての輪

awa2 阿波市には子育て中の親子が地域の身近な場所で、気軽に集える子育て支援の場所がたくさんあります。今回はそんな場所のひとつ「子育てひろば ちょこ」を紹介します。
ここは阿波健康福祉センターバーベナの里(阿波町久原)の一室で、毎月2回(第1・3水曜日)地域の子育て支援ボランティアの皆さんの運営で開催されています。メンバーは現在8名。保育士や看護士、教員などを退職された方が多く、今までの経験を生かして地域の子育て支援に携わりたいとの思いを持った皆さんが集まっています。

笑顔がはじけるリトミック
音楽に合わせて親子で楽しむリトミック

音楽に合わせて親子で楽しむリトミック

この日は講師の江口志保さんの指導でリトミックが行われました。タンバリンを使ったリズム遊びや、手遊び、子どもを抱っこしてのお散歩など、バラエティーに富んだカリキュラムに親子の笑顔がはじけていました。今回初めて体験したお母さんからは「自宅でこんなに体を動かして子どもと一緒に遊ぶことはないので、良い経験ができました」との感想もありました。
じつは講師の江口さんも子育て中は「ちょこ」の利用者で「リトミックを通して子どもとの楽しいコミュニケーションの仕方を学んで自宅で実践してもらえればうれしいです」と、講師という立場でも参加できる喜びを語ってくれました。

親子のために蒸しパンを心を込めてつくるヘルスメイトの皆さん

親子のために蒸しパンを心を込めてつくるヘルスメイトの皆さん

そしてリトミックのあとは、阿波市食生活改善推進協議会のヘルスメイトの皆さんが用意した地域の食材を使ったハロウィンの蒸しパンがみんなに振る舞われ、みんなでごちそうになりました。「昨年も蒸しパンづくりで子どもたちが喜んでくれたので、今年もこの近所のメンバーが集まり子どもたちの笑顔を見に来ました」と会長の松永洋子さん。

地域をつなぐみんなの場所

このほかにも、藍染や和紙染め体験、手打ちうどん体験、消防署の協力による消防車との記念撮影など、地域と連携しながら事業が行われています。「ちょこ」のメンバーの安田佳子さんは「私たちはお母さん方の要望を実現したいという思いでさまざまなボランティアのみなさんからの協力を頂いています。予算がたくさんあるわけではない分、工夫やマンパワーで補っています。それによって、いつのまにか地域のみんなの力が集まってくる場所になっていますね」と活動を振り返ります。
そして、ここを利用する親子にとっても地域の人たちと町で出会っても気軽にあいさつができる関係づくりができています。そのことについて「ちょこ」の代表の正木美千代さんは「今年で8年目を迎えますが、ここに来てくれていた子が小学校の入学式の帰りに新しい制服を見せにやってきてくれたことがありました。まるで私たちを親せきのおばさんのように思ってくれているようです」と話してくれました。
この子育てひろばの名前「ちょこ」に込められた「ちょこっと遊びに来て欲しい」という思いがいつの間にか地域のみんなをつなぎ、地域にとっても、ここで子育てをしている親子にとってもお互いが影響し合って子育てしやすい環境が自然と形づくられているようでした。

子育てひろばちょこの参加者と子育て支援ボランティア、ヘルスメイトの皆さん

子育てひろばちょこの参加者と子育て支援ボランティア、ヘルスメイトの皆さん

子育てひろば ちょこ
◎対象年齢:0歳~未就学児と保護者
◎開設日時:第1・3水曜日 9時30分~11時30分
◎場所:阿波健康福祉センター バーベナの里(阿波市阿波町久原36-2)
◎参加料:1家族100円(保険料含む)
◎電話:0883-35-6033

阿波市子育てサロン情報

子育てサロン ぱんだ

◎対象年齢:0歳~未就学児と保護者awa5_ぱんだ
◎開設日時:第2・4月曜日 9時30分~11時30分
◎場所:市場総合福祉センター(市場町興崎字北分60)
◎参加料:1人30円(保険料含む)
◎電話:0883-36-5511
◎活動内容:子育て中の親子が楽しく遊んだり、いろいろな遊びで子どもたちが健やかに育ち、お父さんやお母さんが仲間づくりや気分転換をしてもらえるように、スタッフ一同がんばっています。また、お子さんの発達で気になることがありましたら、相談を受け付けています。

たんぽぽサロン

◎対象年齢:0歳~未就学児と保護者awa6_たんぽぽ
◎開設日時:毎週水曜日(月4回) 10時~15時
◎場所:吉野地域福祉センターこすもす
(阿波市吉野町西条字大西102)
◎参加料:1人50円(保険料含む)
◎電話:088-696-2386
◎活動内容:親子で友達作り・情報交換・工作・講習会・季節のイベントなど。参加者で運営するサロンをめざしています。

平成28年度 はぐくみ徳島基金事業

はぐくみ徳島の理念に賛同いただいた企業や団体の協力により「はぐくみ基金」の名称の元、地域で活躍する子育て支援団体などに対して、4つの活動の支援を行っています。

1.未就学児までの子ども達を中心に、読み聞かせ活動を続けている団体への、希望する絵本の寄贈。
2.出張子育てセミナーの開催。
3.出張子育てキッチン(出張親子料理教室)の開催。
4.出張子育て木工教室の開催。

平成28年度 はぐくみ基金事業協賛企業・団体

株式会社 阿波銀行
株式会社 昌栄(イルローザ)
総合ビル・メンテム 株式会社
株式会社 徳島銀行
一般社団法人 徳島経済同友会
徳島県書店業協同組合
西精工 株式会社
日亜化学工業 株式会社
日本ハムファクトリー 株式会社 徳島工場
株式会社 ハレルヤ(スイーツキッチン)
株式会社 ホンダカーズ徳島
(敬称略。法人格を除いた50音順で掲載)

●お問い合わせ

はぐくみ徳島実行委員会事務局
(徳島新聞社事業部内「はぐくみ基金」)
TEL:088(655)7331(平日9:30~17:30)
はぐくみ徳島アドレス http://www.ogyatto.com/
主催/はぐくみ徳島実行委員会、徳島新聞社
協賛/株式会社阿波銀行、大王製紙株式会社

最新情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加