私たちの未来をはぐくもう vol.124


とくしま大賞

受賞者紹介

徳島県では県内の子育て、子育て支援活動に対する機運を醸成するため、家庭での家事・育児に積極的な男性や、仕事と育児を積極的に推進し、業務改善を図る企業・団体、積極的に地域の子育て支援活動を行っているシニア団体・個人を「イクメン・カジダン大賞部門」「子育てサポート大賞部門」「シニア子育て大賞部門」の3部門において募集したところ、次のみなさんが受賞されましたので、ご紹介します。(平成29年5月3日、おぎゃっと21にて表彰式を開催しました)

  

 

イクメン・カジダン大賞
岩佐勇毅さん

一緒に遊ぶことが子育てです!!

 「子どもたちの世話をすると言って、実際は一緒に遊んでいるんですよ」と話す父親の岩佐勇毅さんは、自分が今まで趣味やスポーツを通して学んだ大切なことを子どもたちにも知って欲しいと、山登り、ロッククライミング、キャンプなどアウトドアを中心に子どもたちと楽しんでいます。また休日の朝には必ず一緒にスイーツもつくるそうです。今回の大賞受賞について奥さんの章代さんに尋ねると「子育てや家事を分担して協力してくれるので、夫にとって、いいご褒美がもらえてよかったです」と応えてくれました。勝浦町の山間部に移住をした勇毅さんと章代さんご夫婦は、鳥の声や草木の香りのする豊かな自然の中で成長する子どもたちを、これからもやさしく見守っていきたいと語ってくれました。

子育てサポート大賞
株式会社 ダンクソフト

いつでもどこでも仕事ができる働き方

 ダンクソフトでは時間を大切に使うという企業理念「時間は人生のために」を掲げ、働きやすい環境づくりを行っています。特徴として年次有給休暇を時間単位で取得ができることに加え育児、介護のための有給休暇も20日間まで利用できるようになっています。また、それぞれの育児の状況に合わせて在宅勤務、フレックスタイム制を選ぶことができます。このようにダンクソフトではワーク・ライフ・バランスの実現に向けたさまざまなチャレンジを行っています。今回の大賞受賞について開発チーム(徳島オフィス)マネージャーの竹内祐介さんは「わが社のIT技術を利用した多様な働き方の一例を、多くの企業に参考にしてもらえるとうれしいです」と受賞の喜びを語ってくれました。

シニア子育て大賞
みなみ育児支援の会「ぽっぽ」

子どもたちの笑顔に出会いたい!

 「ぽっぽ」は育児支援講習を受講したシニアの皆さんが平成24年に美波町で結成されたボランティア団体です。主な活動は「親子で遊びましょう」を定期的に実施、会員の特技を生かしたリズム遊びや絵本の読み聞かせ、ペープサートの上映などを行っています。また「わんぱく探検隊」では地域住民の協力を得て有機野菜の収穫体験などを行い積極的に地域に出向いています。シニアだからできる人生経験を生かした活動は、今年で5年目を迎え、町内からも協力を依頼されることが増えてきているそうです。代表の黒崎幸子さんは「今回の受賞は、ぽっぽを続ける励みになりました。わたしたちの活動を知ってもらい、ほかの地域でもシニアの子育て支援がもっと広がることを願っています」と語ってくれました。

イクメン・カジダン賞

●竹内祐介さん

徳島で育児をするために、フレックスタイム制度と在宅勤務制度が利用できる会社へ転職。子どもの日々の成長の変化を楽しみながら、家庭と仕事の両立をさせている。また、職場でも、上司として率先して育児と仕事がしやすい職場の雰囲気づくりに努めている。

●小林靖侑さん

会社で2か月間の育児休業も承認され、いよいよイクメン・カジダンデビュー!そんな甘い考えが一瞬で崩壊するほど、いざ子どもと触れあってみると、思っていた育児にはほど遠かったが、手探りの毎日の中で自分の役割を見つけ、妻や子どものために料理を作ることが楽しみになっている。

子育てサポート賞

●株式会社テレコメディア

希望者への時短勤務実施や、複数人での業務内容の共有、上司や同僚と業務スケジュールや育児状況の共有を行うことで、急なお子さんの熱などによる早退、休みに対応。また、子育て支援センターの社内設置をはじめ、一般開放の親子イベントなども実施している。

●徳島県中小企業団体中央会

育児参加促進のために、年次有給休暇、看護休暇の時間単位での取得が可能となっている。また、女性課長が相談窓口となり、母子健康管理に関する情報収集に努め、制度周知やアドバイスを行うなど、子育て中の職員が働きやすい職場環境づくりに取り組んでいる。

シニア子育て支援賞

●お話クラブ カーネーション

徳島市のブックスタートボランティア有志が集まり発足。市立図書館で、第3木曜に0歳から楽しめるお話会を開催。絵本の読み聞かせを通して親子が触れ合え優しい時間が持てるよう活動している。

●キャロッ子学級友の会

不登校または不登校傾向にある小中学生のための居場所作りと学校への完全復帰を目的に、「学習支援」と社会性や自主性を育むため「体験学習支援」活動を地域のボランティアなどの有志が行っている。

●特定非営利活動法人 赤い屋根上板

シニア世代となる元教師や、地域のシニア世代のボランティアの皆さんにより、地域の子育て支援の活動を積極的に行っている。また、地元中学校へ図書の寄贈や昔遊びなど幅広く支援をしている。

最新情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加