私たちの未来をはぐくもう vol.128


徳島県看護協会

いのち・暮らし・尊厳をまもり支える看護」をめざし活動しています。

公益社団法人 徳島県看護協会
会長 多田 敏子

皆様、日頃は徳島県看護協会の活動にご支援、ご協力を賜り誠にありがとうございます。徳島県看護協会は、看護職の職能団体であると同時に、公益社団法人でもあり、徳島県の皆様が安全に医療サービスを利用し、安心して尊厳のある暮らしができるよう支援することを使命とし、事業を進めています。「おぎゃっと21」への参加は、重要な事業のひとつで、今年は計測などの子どもさんの成長を見守るイベントを行いました。徳島の豊かな自然環境の中で、子どもたちの声が響き、健やかに育つのは、徳島の未来にとって大変力強く、今後も一緒に取り組みたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

徳島県看護協会では今年も「おぎゃっと21」で子どもたちの成長を見守り、家族が幸せで健康に過ごすことができるように、さまざまなコーナーで体験やアドバイスを行いました。

身長体重測定コーナー

赤ちゃんから小学生までの身長と体重測定ができるこのコーナーでは、健診以外で測定する機会の少ない家族から「子どもの成長を感じられてよかった」との感想がありました。また、看護師が自分たちの子どもや、孫の成長を測定している様子を、ほほ笑ましく見守るパパとママ、そしておじいちゃん、おばあちゃんの姿がたくさん見られました。

活力年齢&体脂肪測定コーナー

保護者を対象に活力年齢測定を行いました。活力年齢は、生まれた年(暦年齢)と身体年齢(活力年齢)という新しい健康指標で表したもので、血圧、総コレステロール、喫煙状況、体脂肪率等から同年代の平均と比較して現在の活力年齢を割り出します。その結果をもとに食事や運動などの生活習慣に関するアドバイスを行いました。活力年齢測定について「こんなのあるんだ。やってみよう。」と、特に若いパパとママに人気でした。普段から運動している人、していない人では活力年齢に違いが出て、運動の大切さを実感してもらいました。

パパフィットコーナー

妊婦カップル・産後カップルのパパが主役になって、ペアストレッチ術・簡単マッサージ術・産後のボディーメイク術を身につけてもらいました。パパフィット終了後にはママからパパへ「パパフィット認定カード」が渡され、今後もママの専属トレーナーとしての活躍が期待されました。カップルで取り組む事で、夫婦の絆が強まり、参加したママからは「普段やってもらうことがなかったので、とてもいい感じです」との声も聞かれました。

 

看護師さんに変身コーナー

子どもたちに白、ピンク、ブルーの中から好きな看護師のユニフォームを選んでもらい、かわいいナースに変身。中にはママもナースに変身して、一緒に記念撮影という場面もありました。自分でナースキャップを作るコーナーも女の子に大人気でした。「毎年参加しています。ナースに変身した我が子の成長が見られて嬉しく思います」「記念撮影がいい思い出になります」等の感想が聞かれました。

 

公益社団法人 徳島県看護協会

徳島県看護協会は、県内の保健師・助産師・看護師・准看護師で構成する看護職の専門職能団体です。県民の健康と福祉の増進、看護職の資質向上に取り組み、さまざまな活動をしています。
(1)県民の健康増進(まちの保健室)
(2)看護の心普及事業
(3)ナースバンク事業(無料職業紹介事業)
(4)在宅医療・看護への支援
(5)災害時の支援
(6)質の高い看護の提供
TEL.088-631-5544
ホームページ http://www.toku-na.jp/

「まちの保健室」
あなたの笑顔を守りたい!

学校の保健室のように、気軽に相談できる場所として「まちの保健室」を開いています。専門的な知識を持った看護職が健康チェック、健康相談・子育て相談・介護相談等を実施して、県民の皆様の健やかなくらしを支援しています。お気軽にお出かけください。(無料です。)
◎開催日/第2・第4土曜日 13時から16時まで
◎場所/徳島県立図書館・阿南アピカ・キョーエイ脇町パルシー店

「訪問看護」
24時間365日対応できるステーション

病気や障害のため看護が必要になった方、または病気の悪化が心配な方が安心して療養生活を送ることができるよう、訪問看護師等がご自宅に伺い、医師の指示のもと24時間365日、専門的な看護を提供します。
◎ポイント/小児から高齢者の方に対応しています。保険は医療保険、介護保険が適応されます。理学療法士・作業療法士によるリハビリも行っています。
◎お問い合わせ/お近くの訪問看護ステーション又は
徳島県看護協会にご相談ください。

最新情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加