徳島新聞Web

11月22日(水曜日)
2 2
22日(水)
23日(木)
徳島インディゴソックスの新監督に決まった
堀江賢治(ほりえ・けんじ)さん   2008/11/24 11:28
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島インディゴソックスの新監督に決まった 昨年、一昨年は前後期とも最下位。今年も前期5位、後期最下位に終わった徳島インディゴソックス。“火中の栗(くり)”を拾う重圧があるかと思いきや「楽しみな気持ちでいっぱい」とにこやかに語る。

 広島県府中市出身。広陵高(広島)から1988年のドラフトで大洋(現横浜)に4位指名を受け入団。91年には一軍に定着し、俊足巧打の内野手でならした。その後オリックス、近鉄を渡り歩き98年に引退。最近3年間、地元の中学校野球部のコーチを務める程度で現場復帰は実に10年ぶりとなる。

 プロ引退後は家業の居酒屋を継いだ。「短気な性格だったが、いろんな人と接するうちに気が長くなった。人を見る目も養われたと思う。プロでの経験とともに指導に生かしたい」

 好きな言葉は「努力」。「オリックスにいたとき、寮長から『一番練習しているのはイチロー。二番目は堀江』と言われたのが自慢」と冗談交じりに話す。徳島の選手に対し「まだ見ていないので何とも言えないが、遠投や五十メートル走などのデータを見る限りいい素材が多い。あとはどれだけ高い目標を持って練習するかだ。プロがいかに素晴らしいところであるかを伝えたい」。

 来季5年目の四国・九州アイランドリーグ(IL)の経営は、徳島を含め各球団とも赤字続き。「選手が伸びれば勝つ確率も高くなり、勝てば集客にもつながる。自分たちの役割は成績を残すことだ」。ILの存在意義であるNPB(日本プロ野球組織)選手の育成とともに、勝利へのこだわりも強くのぞかせる。

 趣味の釣りは「封印します」。妻(38)長男(17)次男(15)三男(9つ)と5人暮らしで、徳島には単身赴任する。38歳。