徳島新聞Web

10月20日(金曜日)
2 2
20日(金)
21日(土)
全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権の個人で初出場優勝した橋本和樹(はしもとかずき)さん   2013/10/25 15:30
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権の個人で初出場優勝した橋本和樹(はしもとかずき)さん 24歳の誕生日前日、初出場した大会で初の全国タイトルを獲得した。台風接近の影響で激しく降り続ける雨の中、最終日は苦しんだが、終わってみれば2位に4打差。徳島の団体優勝との2冠に「すごい、うれしいですね」と喜びがはじけた。

 165センチ、63キロと小柄ながら、ゆったりとしたフォームから鋭いショットを連発。他の選手が悩まされた難しいグリーンも「会場入り少し前、ここ2年間悩んでいたパッティングの勘が戻った」ことで見事に攻略した。

 県内のトップアマだった祖父に連れられて始めたのがゴルフとの出合い。明徳義塾高(高知)と大阪学院大ではともに主将を務めた。

 高校の2学年後輩は今を時めく松山英樹で、学生時代には今ではトッププロに成長した藤本佳則、薗田峻輔らと競い合った。

 ゴルフのキャリアは十分で、周囲も当然プロ入りするとみていたが「あそこ(プロの世界)で自分の仕事として続けるのは厳しい」と、実家が経営するパン屋を継ぐことを決めたという。「正直、悩みましたが、ゴルフは楽しんでやろうと思った」と話す。

 練習は週3~4回、年間70~80ラウンドは、このレベルの選手としては少なめだろう。趣味は映画鑑賞。俳優では桐谷美玲と北川景子が好みのタイプとか。

 一人っ子で両親との3人暮らし。まだ少年の面影が残る若い王者の目標は、まだ出場していない日本アマチュア選手権で上位に入ることだという。石井町在住。