徳島新聞Web

10月24日(火曜日)
2 2
24日(火)
25日(水)
全国高校バスケットボール選抜優勝大会徳島県予選で優勝した城東高校男子監督泉直哉(いずみなおや)さん   2014/10/6 10:02
このエントリーをはてなブックマークに追加

全国高校バスケットボール選抜優勝大会徳島県予選で優勝した城東高校男子監督泉直哉(いずみなおや)さん 県内30校の頂点に立っても「全国切符を獲得できたことは良かったが、試合内容は全然だめ」と浮かれた様子はない。全国の強豪と対等に渡り合うことが目標の勝負師にとっては、県予選優勝は通過点でしかない。
 
 愛媛県松前町出身。野球少年だったが、中学からバスケットボールに転じ、伊予高、日体大で活躍。1993年の東四国国体の強化選手として徳島県に招かれ、保健体育の教員になった。日和佐高(現海部高)、徳島商高を経て、2012年に城東高に着任して以降、選抜優勝大会県予選では負け知らずだ。
 
 徹底した走り込みなど厳しい指導で知られる。「社会に出ればうまくいかないこともある。そんなとき、クラブ活動で頑張った経験が役立つはず」と力を込める。選手一人一人と真剣に向き合う姿勢に「個性をよく見て的確にアドバイスをくれる」が部員の監督評だ。
 
 指導に当たって常に意識しているのが、心技共に全国レベルを体験させること。自ら大型バスを運転して各地へ練習試合に出向き、強豪校のトレーナーを定期的に招く。「世の中にはすごい人がいることを肌で感じさせたい。徳島の枠にとどまらず、大きく羽ばたいてほしい」と熱く語る。6年前から県協会の高校専門部長を務め、中高の一貫指導を推進するなど全県的な競技力向上にも尽力する。
 
 187センチの堂々とした体格と、よく通る声が印象的な43歳。たまの休日には徳島市沖などで自ら釣った魚をさばいて料理し、焼酎を楽しむ。徳島市吉野本町6で妻、長女、次女の4人暮らし。