徳島新聞Web

12月16日(土曜日)
2 2
15日(金)
16日(土)
徳島インディゴソックスの監督に就任する石井貴(いしいたかし)さん   2017/12/7 09:44
このエントリーをはてなブックマークに追加

徳島インディゴソックスの監督に就任する石井貴(いしいたかし)さん 5年連続のプロ野球選手輩出と日本一。年々、存在感を増す独立リーグの雄で、8代目のかじ取りを任された。指揮を執るのは初めてだが「プレッシャーはないし、選んでもらって光栄。多くの選手をプロに送って優勝したい」。就任会見で藍色のユニホームに袖を通した表情に、決意がにじむ。
 
 14年間在籍した西武の投手時代は気迫を前面に出して打者と向き合い、68勝した。座右の銘はもちろん「気」。野球人としての原点は揺らぐことはなく、強い気持ちを伝えることに全力投球する覚悟だ。
 
 コーチを経て西武を4年前に退団後、解説や高校生の指導を通してベンチワークを学んだ。独立リーグの試合もよく見に行った。そこで気になったのは、強く振らずに当てにいく打者、打たれるのを怖がって外角を突く投手たちだった。「びびってる選手が多くて。開き直ればいいプレーができるのに」。新天地では結果を恐れずに思い切りのいいプレーを求めていく。
 
 会見までの時間を利用して徳島の練習場に立ち寄ると、初対面なのに選手から熱心にトレーニング法を質問された。「吸収したいという強い気持ちを感じた。すごく頼もしい」。来年2月の始動に向け、早くも気持ちが高ぶる。
 
 兄章夫さんは社会人野球の日本代表監督。身近なお手本からノウハウを吸収し、徳島で守り勝つ野球を目指す。
 
 都内で妻、高校1年の娘と3人暮らし。徳島では単身赴任する。神奈川県綾瀬市出身。46歳。



徳島インディゴ・石井新監督、守備重視掲げる 就任会見