徳島新聞Web

9月28日(水曜日)
2 2
28日(水)
29日(木)
徳島県医師会の健康相談
肛門周囲膿瘍   2011/12/25 10:33
このエントリーをはてなブックマークに追加

ズキズキ痛み しこりも

 【質問】50代の男性です。肛門がズキズキと痛み、しこりもあったので病院に行くと「肛門周囲膿瘍(のうよう)」と診断され、切開した方がいいと言われました。薬では治らないのでしょうか。

医療法人新浜医院理事長 森俊明(徳島市新浜本町3)

原則切開し経過観察を

 【答え】肛門周囲膿瘍と診断を受け、切開術を勧められたものの、手術に対する不安や仕事への影響を考えてか、心配する様子がうかがえます。

 肛門の病気で頻度の高いのは、痔核(じかく)(いぼ痔)、裂肛(きれ痔)、痔ろう(穴痔)の三つで、痔ろうの大きな原因となる病気が肛門周囲膿瘍です。この病気の大部分は、大腸菌などの細菌の侵入で発症します。

 肛門は、肛門管という管ですが、その中に歯状線(しじょうせん)という線があります。歯状線には十数個の肛門腺という分泌腺が開口しています。その開口部である肛門陰窩(いんか)というくぼみから便が入ると、肛門腺が炎症を起こします。これが肛門周囲炎で、化膿(かのう)して膿がたまると肛門周囲膿瘍になります《図参照》。


 潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患、糖尿病や免疫不全などが基礎にあり、症状の一つとして肛門周囲膿瘍が表れることがあります。

 症状は、膿のたまる場所や量によってさまざまですが、典型的なのは、肛門部に数日間の痛みや違和感があり、痛みの増悪と肛門周囲が赤く腫れて座ることもできず、受診することが多いようです。

 時には、激しい疼痛(とうつう)(しばしば拍動性)や、全身の発熱(ひどい時は39~40度以上)を伴う場合がある一方、深い所へ膿がたまった場合は痛みが少なく、発熱と肛門奥の違和感だけのこともあります。

 膿瘍が自然に裂けて皮膚や肛門の内側へ膿が流出すると、症状が一時的に楽になりますが、膿が十分に排出しない状態で裂けた場所がふさがると、再発を繰り返して痔ろうとなります。すると、肛門の内側と皮膚が通じてトンネル状態となり、常に膿や分泌物で下着を汚したり、かゆみを来したりします。また、痔ろうの出口がふさがると、膿がたまって肛門周囲膿瘍の症状を繰り返します。

 まれに、切開せずに抗生物質で膿瘍が消退し治る場合もありますが、ある程度進んだ肛門周囲膿瘍に抗生物質を投与するだけの治療は、まず無効と思ってよいでしょう。切開を勧められたのは進行した状態といえます。

 切開後は十分に排膿を行い、抗生剤や鎮痛薬を投与し、切開口が治療途中でふさがらないように外来でしばらく経過を観察します。一度の切開排膿で治る場合もありますが、細菌の侵入口はそのままなので、膿瘍の再発する可能性は残っていますし、切開後も傷から膿が出続けると自然に裂けた場合と同じく痔ろうになります。特に、深い肛門周囲膿瘍は切開しても十分な治癒が得られず、痔ろうになる可能性が高まります。

 肛門周囲膿瘍の場合、受診までの応急処置として肛門部を冷やすことが有効です。入浴などで温めて一時的に痛みが緩和されても、炎症性の病気ですのでかえって悪化させます。

 再発予防としては、適切な排便習慣を身につけることが大切です。特に、下痢は肛門周囲膿瘍の原因となる細菌の侵入を来しやすくします。そのため、アルコールの過剰摂取や暴食を避け、今の季節はお尻を冷やさないようにし、シャワーで済まさず湯船で温めるとよいと思います。
肛門周囲膿瘍