徳島新聞Web

1月18日(木曜日)
2 2
18日(木)
19日(金)
「被災者に足湯、不安和らげる」 北島でボランティア講座   2010/1/25 11:20
このエントリーをはてなブックマークに追加

「被災者に足湯、不安和らげる」 北島でボランティア講座 災害ボランティア講座が24日、北島町鯛浜の県立防災センターであり、県内の自主防災組織の役員ら35人が足湯を使った被災者ケアを学んだ。

 被災地NGO恊働センター(神戸市)の村井雅清代表が、被災地で行われている足湯による被災者ケアについて説明。2007年3月に起きた能登半島地震での取り組みを例に「体をリラックスさせて会話すると、被災者の不安を和らげる」などと足湯の効果を強調した。

 足湯の実習もあり、参加者同士が被災者役とボランティア役に分かれて体験し、実際の手順を学んだ。

 足湯による被災者ケアは、阪神大震災で取り組みが始まり、ボランティアによる被災者支援活動の一環として広がっている。
【写真説明】足湯を使った被災者ケアを学ぶ参加者=北島町鯛浜の県立防災センター