徳島新聞Web

9月1日(木曜日)
2 2
1日(木)
2日(金)
釣りだより
22~33センチのチヌ17匹 ウチノ海 1日・大潮   2016/9/1 10:29
このエントリーをはてなブックマークに追加

 30日、通過した台風の影響で県南部は波が高く、ほとんどの渡船が休業した。また降雨で川が増水し支流でしかサオを出せなかった。荒れた後の好釣果を期待して釣行したい。

 [波止]<津田沖ノ一文字>30日、強い西風が吹いたが波はほとんどなかった。コーナー周辺で16~24センチのガガネ15匹。その後落とし込み仕掛けに変えて42センチのチヌ1匹。同所から白灯周辺までイガイを餌に同様の仕掛けで40センチ前後のキビレと38、48センチのチヌを各2匹。同所から赤灯向きに釣り歩いた人が40センチ前後のキビレ6匹と40、50センチのチヌ2匹。赤灯周辺で落とし込み釣りをした人はアタリがなく、波止に落ちていた小魚を餌に60センチのスズキ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>30日、波はほとんどなかったが西寄りの風がやや強く吹いた。湾口のカセで沖アミとサナギを餌に22~33センチのチヌ17匹。

 <椿泊>30日、波風ともに穏やか。日によってムラはあるものの25、26センチのアジ35匹。テンビンにマキ餌カゴを付けた1本バリ仕掛け。

 [友釣り]<海部川>30日、30センチほど増水して濁りがあった。支流の相川で12時すぎから3時間で15~20センチのアユ17匹。近くで別の人が13時から4時間で14~20センチを16匹。

 <吉野川>28日、三三大橋周辺で12人のグループが7時からの5時間で釣ったアユの匹数を競い、1位が徳島市の大川さん26匹、2位がつるぎ町の西久保さん17匹、3位が阿波市の米倉さん同数。型は18~26センチで全員に釣果があった。(県釣連盟報道部)