徳島新聞Web

6月23日(金曜日)
2 2
23日(金)
24日(土)
釣りだより
美波沖で93センチのヒラマサ 8日・中潮   2015/1/8 09:45
このエントリーをはてなブックマークに追加

 水温の変化で釣果に差が出る時期になってきた。

 6日、県内は悪天候の予報でほとんどの渡船が休業していた。風の強い日も多く釣行時には必ずライフジャケットを着用し、時間に余裕を持って出掛けるようにしたいものだ。

 [磯]<宍喰>5日、東寄りの強い風、波が少々あった。那佐半島周辺は水温17・5~18度。グレはトクベエで30、31センチを2匹。長バエで30~36・5センチを3匹。木戸口バエで36~39・5センチを同数。丸バエでは31、37センチを2匹と31、35・5センチのアイゴ同数。前磯側は水温16・7~18度。グレのアタリが多く、サオ頭の人が30~46・2センチを12匹と27・5センチのアイゴ1匹、40センチのスズキ同数。別の磯では30~37・5センチを12匹。ほかにも30~43センチのグレ4|10匹、30~37センチのアイゴや29・5センチのシマアジで全員に釣果があった。

 <高知・室戸>5日、北西から北東の風に変わった。波は穏やか。上り潮が流れ水温18度。30~40センチのグレの食いが活発。中磯の沖のクイで32匹。中のクイで26匹。マルバエで2人が46匹。ウスバエで18匹。マチダバエでは2人が16匹。西磯のウモレで12匹と30~35センチのイサギ3匹。フタアナで2人が44匹と30~35センチのイサギ4匹。ハリキの小バエで2人が21匹。同大バエでも2人が8匹。芝バエで2人が8匹。フタゴで28匹。ヨコバエで15匹。

 [船釣り]<美波沖>5日、北の風が次第に強くなった。水温15~18・9度。乗合船で5人が93センチ(7・2キロ)のヒラマサ1匹と70~95センチのメジロ、ブリを29匹。30~35センチのアジ、サバを50匹。別の船では75~93センチのメジロ、ブリ3匹と40センチのカンパチ、30センチのガガネを各1匹。(県釣連盟報道部)