徳島新聞Web

9月27日(水曜日)
2 2
26日(火)
27日(水)
釣りだより
吉野川で40~60センチのボラ30匹 19日・大潮   2015/2/19 09:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<津島>17日、上り潮が流れ水温16・3度。グレの食いは活発。ワレスベリで32~41センチを9匹。三角で30~46・5センチを12匹。西で30~40センチを9匹。佐尾山で30~42センチを13匹。サンゴ東で30~42センチを同数。別の人が30~35センチを8匹。胴で30~32センチを7匹。ウノクソでは30~40センチを9匹。

 <大島>17日、北から北東の風が次第に強くなった。佐本回りは風波が高くなり釣りづらく、磯替わりをした人もいた。上り潮が流れ水温16・5~16・8度。グレはオシドリから本場回りの馬ノ背に磯替わりした人が32~40センチを5匹。象ノハナで33~44センチを3匹。沖冨士で30~41センチを5匹。地冨士で30、38センチを2匹。バッタリで30~37センチを4匹。ヒッツキで30~40センチを同数。低で30~36センチを8匹。屋形では5人が28~43センチを23匹と30~32センチのイサギ5匹。マナイタ地で47センチを1匹。馬ノ背で30~35センチを8匹。

 <宍喰>17日、宍喰は北東の風がやや強く波も高かった。水温16・8度。前磯側でサザエを餌に底物仕掛けで54・7センチ、2・8キロのイシダイ1匹。

 [潮入り川]<吉野川>17日、第十堰下流はやや減水気味で濁りはほとんどなかった。冬の風物詩ボラのフウセン釣りが好調。8時から6時間サオを出した地元の人が40~60センチを30匹。

 [船釣り]<伊島沖>16日、北の風が次第に強くなり風波も高くなった。乗合船で2人が貝のむき身を餌に胴付き仕掛けで17~26センチの本ハゲ12匹。その後サビキ仕掛けで75~95センチのメジロ、ブリを10匹、35センチのアンコウ1匹。(県釣連盟報道部)