徳島新聞Web

4月29日(土曜日)
2 2
29日(土)
30日(日)
釣りだより
大島で30~46センチのグレ14匹 24日・中潮   2015/2/24 09:43
このエントリーをはてなブックマークに追加

 低気圧と前線の通過とともに春一番(その年の立春から春分までの間に吹く強い南寄りの風)が吹き、波の高い状態だったので県南のほとんどの渡船が休業を余儀なくされ、波止などでも釣り人の姿はあまり見られなかった。

 [磯]<大島>22日、出船した渡船は一隻、波風ともにあったので上がれるハエは限られた。時折弱い雨が降り昼前からは、強い南の風が吹いた。人も少なく小荒れが幸いしたのか食いは良かったようだ。水温15・8度。グレは、CFS徳島の松島友紀さんがオハナ地で28~37センチを16匹。桃オチは28~43センチを22匹と30センチ前後のアイゴ3匹。桃オチの地は28~36センチを18匹。中ノハエの地は30~46センチを14匹。高橋バエは33、45センチを2匹。

 <宍喰>21日、北西の風で波は高かった。那佐半島の水温は16~16・3度。グレは穴ヌケで30~34・5センチを4匹。平バエは29~37センチを同数。メンバエは30~32センチを3匹。エベッサンは29センチを1匹と46~50センチのチヌ4匹、59・5センチのマダイ1匹。木戸口バエは30~32センチを3匹。トクベエでは29、36・8センチを2匹。別の人が43センチを1匹。竹ケ島は水温16・5度。同じく波は高く上がれるハエは限られた。クラセは30~40センチを9匹。別の人が同型を5匹。その他のハエも同型が1-2匹釣れていたようだ。前磯側では場所は未確認だが49・5センチを頭に40センチまでを合わせて5匹。(県釣連盟報道部)