徳島新聞Web

7月27日(木曜日)
2 2
27日(木)
28日(金)
釣りだより
35~48センチのグレ12匹 愛媛・日振島 11日・中潮   2015/3/11 09:28
このエントリーをはてなブックマークに追加

 9日、県内は低気圧の影響で終日雨が降った。海上は前日の波も残り、水温も低下気味のうえ雨の予報が出ていたため、出船を見合わせた業者がほとんど。天気が回復すればそろそろ乗っ込みが始まる時期になってきた。水温の低い冬場を深場で過ごしたチヌやマダイが産卵のために磯近くに回ってくれば良い釣果が期待できそうだ。

 [磯]<愛媛・日振島>9日、北東のち北の微風が11時半ごろ強風となり風波も高くなったため12時に撤収した。潮の流れは満ち潮が10時過ぎまで残り、引き潮に変わった。水温は14・2~14・5度と前日から少し低下。4番で阿波一風の福岡伸治さんら2人が35~45センチのグレ10匹。13番から8番に替わった人は35~48センチを合わせて12匹。同行の人も同所から14番に替わり35~47センチを合わせて10匹。ウキ下3~4・5ヒロをこまめに調整し、ハリス1・5~1・75号、ハリも4~6号を状況に合わせ使い分けた。また数、型は未確認だが6、7番もよくサオを曲げていた。

 <兵庫・沼島>8日、殿飛でサオを出した人が40センチのチヌ2匹と同型のウマズラハゲ1匹。

 <高知・柏島>7日、終日雨が降った。県内から5人が出掛けた。一部の情報だが、西のハナでサオを出した県庁漁友会の工藤剛生さんが引かれ潮に乗せて仕掛けを流し、35センチのグレを尾長グレ交じりで13匹と同型のイサギ2匹。前日はコウロウバエで35~42センチのイサギ5匹。

 [船釣り]<伊島沖>8日、仕立て船で出掛けたグループがジギングで66センチのカンパチ1匹と72センチのメジロ同数、50センチのサワラ3匹、25センチのアオハタ1匹。

 [波止]<高知・西海岸>9日、早朝から7時までアジを餌に取り込みにはヤエンを使い0・5、1・5キロのアオリイカ2匹。近くでウキ釣りでも0・8、2キロを同数。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>9日、終日雨が降り南東の風が吹いた。ルアーを投げた2人が74センチのメジロと91センチのブリ、95センチのサワラを各1匹。(県釣連盟報道部)