徳島新聞Web

5月30日(火曜日)
2 2
30日(火)
31日(水)
釣りだより
新町川河口で76センチのスズキ 15日・長潮   2015/3/15 09:38
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<牟岐港>13日、9時から約5時間半、沖アミを餌にグレバリ5号、ハリス1号を使用してフカセ釣りで5~10メートル沖を狙い34~52センチのチヌ3匹とハリス切れでバラシ3回。水温が低く食いが悪かったが、ハリを小さくしてハリスを細くするとアタリがあった。
 
 <中林漁港>13日、夜明け前の約2時間、赤アミを餌にサビキ釣りで13~20センチのメバル7匹と15、19センチのガガネ2匹。メバルは仕掛けを少し投げてからゆっくりと巻いてくると中層付近でアタリがあった。
 
 <和田島>13日、大手海岸で10時から約2時間半、マムシを餌に消波ブロックの間を探り釣りで狙った人が18、24センチのアブラメ2匹。
 
 [渓流]<那賀川>13日、旧木頭地区の南川でイクラと川虫を併用して7時から約6時間釣り歩いた徳島市の吉本さんが16~24センチのアメゴ39匹。同行した人は15~23センチを30匹。
 
 [ルアー]<小松島港>13日、日没後の約2時間、1・5インチのストレートワームのジグヘッドリグで波止際を狙い15~18センチのメバル6匹と25センチのセイゴ1匹。表層付近で仕掛けをゆっくりと巻いてくるとアタリがあった。
 
 <新町川>12日、河口部左岸から日没後の約2時間半、9センチのフローティングミノウで10~25メートル沖を狙い45、76センチのスズキ2匹。
 
 <椿泊湾>12日、16時から約3時間半、ザリガニ型ワームのテキサスリグで波止際や約5メートル沖を狙い18~24センチのガガネ5匹と48センチのチヌ1匹。仕掛けを底まで沈めて起伏を感じながら巻いてくるとアタリがあった。(県釣連盟報道部)