徳島新聞Web

4月30日(日曜日)
2 2
30日(日)
1日(月)
釣りだより
日和佐で40センチのチヌ 16日・若潮   2015/3/16 09:27
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<日和佐>14日、水温11・8~12・1度。上の黒ハエで40センチのチヌ1匹。イカリで同型を同数。

 <大島>14日、潮は上りで水温13・2~14度。ヒッツキは2人で29~35センチのグレ6匹と31~32センチのイサギ3匹。屋形は2人で32~46センチのグレ同数。

 <浅川>14日、東の風がやや強く波も少しあった。水温14・3度。松ガハナで阿南市の江上さんが46センチのチヌ1匹。同行の勝浦町の西野さんが35センチのチヌと50センチのイラを各同数。阿南市の人が42センチのチヌと20センチのグレを各1匹。沖堤は水温12・7度。型は未確認だがグレ6匹とチヌ1匹。

 <高知・甲浦>14日、水温13・2~13・6度。波はやや高かった。串出の丸バエで56センチのマダイと38センチのアイゴを各1匹。銀座で25、30センチの尾長グレ2匹。

 <愛媛・中泊>13日、弱い北西の風で水温14・5度。黒ハエで吉野川市の2人が30センチのイサギ交じりで30~45センチのグレを合わせて16匹。大バエでは徳島市の2人で30~40センチを12匹。ハリス2~2・5号、ハリ6号を使い、ウキ下は2~2・5ヒロ。前日は、北西の風が強く、水温14・5度。軍艦は2人で30~40センチを27匹。大バエでも2人で同型を15匹。

 [イカダ]<高知・甲浦>14日、1号で46センチのチヌ1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>13日、通称ジャンボで落とし込み釣りをした人が49センチのチヌ1匹。(県釣連盟報道部)

 [コラム]3月も中旬をすぎたが、まだ阿南市から北部の波止などでは水温が低く10度前後。狙って釣れる魚種もまだまだ少ないが春告げ魚として知れているメバルは手軽な場所で短時間で狙えるターゲットの一つだろう。徳島の釣り人でも専門に狙う方ももちろんいるが、主なポイントで専門に狙っているのは県外の方が圧倒的に多い。近年はルアーで釣るのが主流のようだが生き餌を使った釣りもおもしろい。身は白身で小さなサイズは唐揚げや煮付けなど、大きなサイズは刺身にしてもいいだろう。