徳島新聞Web

3月26日(日曜日)
2 2
26日(日)
27日(月)
釣りだより
30~38センチのサヨリ好調 ウチノ海 4日・大潮   2015/4/4 09:33
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<北泊新港>1日、9時から1時間、イシゴカイを餌に探り歩いた板野郡の岡田聖羅ちゃんが15センチのガガネ2匹。

 <津田沖ノ一文字>2日、水温12・5度。コーナーからやや白灯寄りで沖アミを餌にフカセ仕掛けで48センチのチヌ1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>2日、白灯付近で38センチのチヌ1匹と20センチ前後のガガネ20匹。

 <愛媛・宇和島>2日、湾内でチヌを狙った徳島市の人が、チヌは釣れなかったが40センチのアジ1匹。近くでアジを専門に狙った人は同型を5-6匹。

 [磯]<高知・甲浦>2日、水温15・1度。ミツバエ中で45センチのグレ1匹と30センチのアイゴ3匹。ヒナダンは同型のグレ1匹。クジラオクで0・4、1・0キロのアオリイカ2匹。ビシャゴ西で0・5キロを2匹。ビシャゴ東で0・9キロを1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>2日、午後から南寄りの風が強くなった。30~38センチのサヨリは、堂浦寄りのヤカタで3人が50匹。別のヤカタは3人が30匹。近くで2人が20匹。またカセでは10匹。中央付近のヤカタでは2人が25~30センチを50匹。別のヤカタでは2人が同型を80匹。

 [渓流]<那賀川>1日、平水で濁りはなかった。9時半から終日、槍戸川上流で川虫を餌に神山町の人が18~23センチのアメゴ70匹余り。(県釣連盟報道部)