徳島新聞Web

3月29日(水曜日)
2 2
28日(火)
29日(水)
釣りだより
25~35センチのサヨリ50匹 ウチノ海 9日・中潮   2015/4/9 09:53
このエントリーをはてなブックマークに追加

 7日、県北部は午前中雨が降り、北寄りの風が強く、前日まで暖かい日が続いたため気温以上に寒く感じた。強風に伴い波も高く、出船した渡船は少なく目立った釣果はなかった。釣り場ではライフジャケットの着用を心掛けたい。

 [イカダ]<ウチノ海>7日、北寄りの風が強く、波も少々あった。午前中、小雨が降り寒い一日。浅ダナで狙うサヨリには悪条件。サシ餌は赤アミ、まき餌には米ぬかに赤アミを混ぜた物を使用して25~35センチを50匹。風のためアタリが分かりづらかったが、ハリとサシ餌を小さくしてウキを少し沈めて釣った。

 [ルアー]<旧吉野川>7日、北西の風がやや強く吹いた。減水して、少し濁りがあった。15時から3時間、牛屋島橋下流右岸を釣り歩いた人は6インチの大型魚型ワームのピンクとオレンジ色の併用で40~55センチのブラックバスを5匹。うち3匹は50センチを超えていた。産卵前で浅場に見えている魚の近くで、大きくルアーを動かして止めているとアタリがあった。数多くの良型が見えていたのでしばらく楽しめそうだ。

 [船釣り]<伊島沖>6日、北寄りの風が少し吹いたが波は穏やか。水温13・5~18・2度。この時期には珍しく50~55センチのカンパチの食いが好調。乗合船で4人がジギングで44匹と好釣果。その後魚の切り身を餌に胴付き仕掛けで25~28センチのレンコダイ3匹、28センチのクロムツ、35センチのカガミダイ各1匹、20~23センチのユメカサゴ3匹、20センチのアヤメカサゴ1匹。

 [お知らせ]11、12の両日、日和佐磯を会場に県釣連盟クラブ対抗磯釣り大会が行われます。一般の釣り人には大変ご迷惑をお掛けしますが協力をお願いします。(県釣連盟報道部)