徳島新聞Web

3月30日(木曜日)
2 2
30日(木)
31日(金)
釣りだより
25~30センチのサヨリ好調 ウチノ海 13日・長潮   2015/4/13 09:44
このエントリーをはてなブックマークに追加

 11日、徳島県内は午前中は雲が広がったが、午後からは晴れ間があり久しぶりに春を感じる程に暖かくなった。しかし、県南部の磯は前日雨をもたらした低気圧の影響が残りうねりをともない波が高かった。そのため予定されていた県釣連盟の大会が中止になるなどほとんどの渡船も休業を余儀なくされた。また、徳島市内の波止でも最近は目立った釣果があまりない事もあり、釣り人の姿も少なかった。今後、釣果が上向く事を期待したい。

 [イカダ]<ウチノ海>11日、中央付近のヤカタでは25~30センチのサヨリの好調が続いている。徳島市の夫婦が約150匹。近くで4人が合わせて約200匹。周辺でも1人20-60匹。チョイ投げでカレイは、神戸市の人が29~37センチを4匹。近くで25~35センチを同数。

 [波止]<津田沖ノ一文字>11日、波はなかったが北の風が少しあった。ルアーを使い投げ歩き、通称ダンサ周辺で70センチのスズキ1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>11日、赤灯でルアーを使い投げ歩いて55センチのスズキ1匹。

 <牟岐港>11日、港内で沖アミを餌に3人が合わせて40~48センチのチヌ5匹。別の2人で同型を2匹。

 <香川・三本松港>9日、阿波市の人が沖アミを餌に34、42センチのチヌ2匹。カンダイらしきアタリも2回あったが取り込めなかった。餌取りにはメバルが多くいた。ハリスは1・2号チヌバリ1号を使用。ウキ下を6ヒロ半と深く取り潮の流れが速かったため、1号のウキを使いハリ上にBのガン玉を打ち仕掛けを安定させた。波止際に引きつけて狙うとアタリがあった。

 [磯]<福村>11日、水温12度。出船時はうねりがあったが次第におさまった。チヌは、中津島の黒岩で35センチを2匹。上総でも同型を1匹。丸島の高飛で32、40センチを2匹。

 <兵庫・沼島>11日、北東の風で波はなかった。黒ハエで34~51センチのチヌ5匹と50センチのマダイ1匹。岸ノ海のチョボで同型のマダイを同数と35センチのチヌ同数。具足で35~40センチを5匹。

 9日、ヤカタで60センチのマダイ1匹と38、45センチのチヌ2匹。ウキ下はサオ2本前後。別の2人が38~48センチを6匹。五合バエで35~45センチを5匹。(県釣連盟報道部)