徳島新聞Web

9月20日(水曜日)
2 2
20日(水)
21日(木)
釣りだより
20~23センチのアメゴ69匹 南川 17日・大潮   2015/4/17 09:25
このエントリーをはてなブックマークに追加

 15日は、前日からの雨が午前中まで残り、また気圧の谷や上空にある寒気の影響で、西からの強い風が終日吹いた。

 [磯]<福村>15日、水温11度で風裏のハエでは風の影響はなかったが、ウネリが多少あった。丸島回り二階の東では32センチのチヌ1匹。高飛も同型を1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>15日、赤灯付近では沖アミを餌にフカセ釣りで45センチのチヌ1匹。近くでは同仕掛けでガガネを狙った人が20センチ前後を20匹。大阪からの4人は探り釣りで同型のガガネを合わせて40匹。

 <小松島港沖ノ一文字>15日、沖アミを餌に探り歩き20センチ前後のガガネ10匹余り。

 <牟岐>15日、西からの風が強く、釣りづらい一日だった。港内の波止で風をよけ南向きでサオを出した人が、沖アミを餌にフカセ釣りで35センチのチヌ1匹と50センチのボラ同数。牟岐川から雨による真水が差し込み、食いが渋くなっていた。前日も同仕掛けでチヌを狙った人が48センチを1匹と45センチのボラ同数、20、25センチのガガネ2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>15日、西寄りの風が強く釣り人は少なかった。堂浦のヤカタからヨウセイエビを餌にメバルを狙った人が16~18センチを10匹。前日は同所で25センチ前後のカレイ2匹。近くでは小粒の沖アミを餌に28~33センチのサヨリ60匹。中央付近でも27~33センチのサヨリ70匹。

 [渓流]<那賀川>15日、旧木沢地区の槍戸川は風が強く仕掛けを振ることもままならなかった。水量はやや多く濁りはなかった。徳島市の人がイクラとミミズを併用して20センチ前後のアメゴ10匹。その後、風を避け釜ヶ谷に移動し同型を14匹追加した。旧木頭地区の南川も水量はやや多め。ミミズを餌に20~23センチを69匹。支流の谷を探った人は同型を25匹。(県釣連盟報道部)