徳島新聞Web

4月30日(日曜日)
2 2
30日(日)
1日(月)
釣りだより
福村で30~35センチのチヌ4匹 29日・若潮   2015/4/29 11:55
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<福村>27日、水温13~14度。14時ごろから南の風が吹いた。チヌは、一番ホロロで30~35センチを4匹と30センチのアイゴ、同型のウマヅラハゲ、マダイを各1匹。胴で30センチを2匹。イサギ場で42センチを1匹。前日は、波風ともに穏やか。水温13度。30~35センチのチヌは、一番のタイ場西で4匹。ホロロでは2匹。二番東で1匹。

 <中林>27日、10時すぎから南の風が少し吹いた。エンバエ東で上板町の鳥取宏章さんが42、43センチのキビレ2匹と40~45センチのチヌ3匹。沖磯は40、45センチを2匹。別の人も43センチを1匹。

 <津島>27日、下り潮で水温16・5度。一番で34、35センチのグレ2匹。大バエ東で35センチを1匹。

 <大島>27日、下り潮で水温16・6~18度。ナデはフカセ釣りで54センチのイシダイ1匹。一番で23~28センチのイサギ4匹。

 <木岐>26日、波が高くうねりがあった。エンバエとビシャゴの壁でサオを出した2人が50~53センチを5匹含め40~53センチのチヌ20匹と30センチ前後のアイゴ3匹。小赤バエで2人がチヌ3匹とアイゴ2匹。ビシャゴは2人でチヌ3匹。小一ツ目で2匹。穴の口も同数。

 <兵庫・沼島>26日、水温16・6度で少し波があった。ハリメーカーのファングループ徳島支部がチヌ釣り大会を行い、3匹までの重量を競った。40~53センチが計量に持ち込まれ、入賞者は1番回りの磯に集中し、40匹以上の人もいた。<1>小濱嘉洋(すだち会)6675グラム<2>黒川正三(モナリザ釣親睦会)6235グラム<3>藤本光治(ゑびす会)5750グラム。

 [船釣り]<牟岐沖>27日、水温16~16・9度。潮はあまり動かなかった。仕立て船で出掛けた阿南市の3人が28~35センチのイサギ15匹と35センチのグレ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>27日、ヤカタで沖アミを餌に55センチのスズキ1匹。近くで30センチのカレイ2匹。ヨウセイエビを餌に50センチのスズキ2匹。赤アミを餌に25~30センチのサヨリ144匹。周辺でも同型を10-70匹。

 [波止]<沖洲>26日、16時から2時間、徳島市の赤松さん家族ら6人が赤アミを餌に8センチ前後のイワシ約120匹。

 [ルアー]<旧吉野川>26日、7時半から約6時間、空港大橋周辺でブラックバスを狙った藍住町の森原さんがワームで35センチ、徳島市の古川さんも42センチを各1匹。(県釣連盟報道部)