徳島新聞Web

3月30日(木曜日)
2 2
30日(木)
31日(金)
釣りだより
70センチのマゴチ 津田沖ノ一文字 8日・中潮   2015/5/8 10:04
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<中林>6日、出船時は穏やかだったが、9時ごろより南の風が強くなってきた。沖磯でチヌは、阿南市の尾崎勝利さんが40~48センチを13匹と20~23センチのマダイ7匹。別の人は40~47センチを15匹と25~30センチのヒラアジ2匹。他の3人は40~46センチを合わせて24匹。エンバエ西の胴は2人で40~43センチを3匹。東は40、50センチを2匹と43センチのキビレ1匹。東の胴は43センチを1匹と25~30センチのアイゴ3匹。高崎では25~27センチのグレ3匹。前日も沖磯では阿南市の吉岡美喜夫さんが40~45センチのチヌ8匹。別の5人が38~52センチを合わせて14匹。エンバエ西の胴は38、40センチを2匹。東も47、50センチを同数。東の胴は40~45センチを3匹。

 <福村>6日、南の風が吹き波も少しあった。水温16度。淡島回りの一番のイサギ場では32~42センチのチヌ3匹。二番船付は42センチを1匹。

 <由岐>5日、午前中は北寄りの風が強く吹いたが、波はなく穏やかだった。水温18・3~19・1度。山ノハナでは30、35センチのアイゴ2匹と37センチのサンタ同数。テグスは25~32センチのグレ5匹。大バエは22~26センチのガガネ20匹。

 <兵庫・沼島>6日、潮の高い午前中はアタリは多かったが潮が引くと食いが渋くなった。また、水温が上がったせいか餌取りも多い。1番回りの地寄りにある浅場の磯では徳島市の人が40センチ前後のチヌ5匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>6日、通称ダンサ周辺でルアーを投げ60センチのマゴチ1匹。赤灯付近ではパッチンを餌にチョイ投げで70センチのマゴチ同数。ダンサからコーナーにかけてガガネを狙った3人が20センチ前後を各15-30匹。

 <小松島港沖ノ一文字>6日、沖アミを餌に中央付近を探り歩いた5人が20センチ前後のガガネ各20匹前後。

 <香川・引田>6日、沖の消波ブロックでは、徳島市の人が午前中に40~49センチのチヌ6匹。同行の人も同型を5匹。

 [投げ釣り]<沖洲>6日、新波止で6時から8時間半、アオイソメやマムシ、イシゴカイを餌に36、38センチのキビレ2匹。

 <長原突堤>5日、6時から8時間半、アオイソメやマムシ、イシゴカイを餌に50、56センチのスズキ2匹と23~25センチのキス6匹。午前中はノドグサリのアタリが多かったが、午後からキスのアタリが出た。

 [イカダ]<甲浦>5日、1号で徳島市の小学1年生中原悠希君が60センチのコロダイ1匹。同行の父親は1・3キロのアオリイカ同数。2号は25~27センチの本ハゲ3匹と30、40センチのアイゴ2匹。(県釣連盟報道部)