徳島新聞Web

3月23日(木曜日)
2 2
23日(木)
24日(金)
釣りだより
海部川で13~20センチのアユ61匹 3日・大潮   2015/6/3 10:10
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [友釣り]<海部川>1日、アユ釣りファンには待ちわびた解禁日。渇水気味で魚の追いは少し悪かった。皆ノ瀬で徳島市の人が15~20センチのアユ37匹。同行の人も同型を40匹。勝浦町の坂田朋生さんも13~20センチを61匹。請橋上流では上勝町の人が15~18センチを65匹。別の人も同型を25匹。

 [イカダ]<ウチノ海>1日、ヤカタで沖アミを餌にマダイは、香川の人が40、73センチを2匹と43センチのチヌ1匹。59センチを1匹と46センチのチヌ同数。48センチを1匹と35センチのキビレ同数。28~48センチを3匹。28、40センチを2匹。25、40センチを2匹。25~35センチを10匹と40センチのチヌ1匹。45、48センチのチヌ2匹。ヨウセイエビを餌に47センチを1匹と50センチのスズキ同数。

 [船釣り]<伊島沖>1日、自家用船で出掛けた阿南市の2人が10時から約6時間、沖アミを餌にフカセ釣りで23・5~38・5センチのイサギ41匹と35センチの尾長グレ1匹。潮の流れにより掛ける場所を移動して釣果を伸ばした。その後、1時間半ほどタイラバージグで24・5~56センチのマダイ6匹と23センチのガガネ、35センチのエソを各1匹。

 [波止]<浅川>1日、港内は少し濁りがあった。9時から1時間、阿南市の形部貴幸さんがコーンを餌にウキ下サオ1本半と深く探り44センチのチヌ1匹。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>1日、餌木を投げ歩いた人が0・38、0・99キロのアオリイカ2匹。沖アミをダンゴに包みちょい投げして28~39センチのチヌ4匹。フカセ釣りでも35センチを1匹。中突堤では冷凍キビナゴを餌に15~20センチのカマス50匹余り。赤アミを餌にサビキ仕掛けでは8~10センチのマメアジと12センチ前後の小サバで小型クーラー満杯。

 [磯]<愛媛・御荘>31日、灯台に上がった阿南市の竹内さんがハリス1・7号のフカセ釣りで25~28センチのグレ30匹と25センチのマダイ1匹、25~30センチのタマミ4匹、35~45センチのブダイ5匹。同行の人も25~28センチのグレ20匹。25センチ未満の小型が多く全て再放流。

 <香川・津田沖>31日、沖磯、地磯ともに餌取りが少なく釣りやすかった。沖磯で35~48センチのチヌ6匹。25~46センチを5匹。25~43センチを4匹。40、49・6センチを2匹。各所で40センチ前後を1-2匹。(県釣連盟報道部)



<関連>アユ漁解禁控え、10万匹を放流 那賀川中央漁協