徳島新聞Web

8月19日(土曜日)
2 2
19日(土)
20日(日)
釣りだより
中林で60~67センチのスズキ4匹 5日・中潮   2015/6/6 11:59
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<中林>3日、出船時は南の風が少し吹き、波もやや高かった。沖磯は6時から3時間、ルアーを使い徳島市の加地武郎さんが60~67センチのスズキ4匹と40~43センチのサバ5匹。

 <大島>2日、水温22・3度。櫂投回りはタニハン地では徳島市の人が51センチを頭に30センチ前後のグレ9匹と30センチ前後のアイゴ3匹。裏回りのタタミは30~35センチのグレ16匹と25センチ前後のイサギ5匹。平バエは28~38・5センチのイサギ5匹。

 <高知・甲浦>2日、水温22・5度で波は多少あった。ビシャゴの西では徳島市の人がアジを餌に0・5、2・6キロのアオリイカ2匹。銀座はウニを餌に底物仕掛けで45センチのイシガキダイ1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>3日、コーナー周辺で昼前から沖アミを餌に探り釣りで20センチ前後のガガネ15匹とサビキ釣では10~12センチのイワシ、5~6センチのアジ、18センチ前後のサバ多数。

 <沖洲>3日、新町川河口左岸の岸壁で午前中、サビキ釣りで20センチ前後のイワシ20匹と5~7センチのアジ300匹余り。午後からも周辺の釣り人らが1時間に約100匹のペースで上げていた。

 [船釣り]<鳴門海峡>3日、仕立て船からタイラバージグを使い、水深60~80メートルの深めを探った人が30~40センチのマダイ3匹と50センチ前後のマゴチ2匹。

 <牟岐沖>2日、沖アミを餌に水深20メートル前後の場所で3人がフカセ仕掛けで30~37センチのイサギ70匹余り。

 [イカダ]<ウチノ海>2日、堂浦のカセで沖アミを主な餌にカカリ釣りで25~43センチのチヌ5匹。同所のヤカタでも同様の仕掛けで48、50センチを2匹。周辺でも30~40センチを1-2匹。

 <高知・甲浦>2日、1号では33センチのグレ1匹と23センチの本ハゲ2匹。(県釣連盟報道部)