徳島新聞Web

9月20日(水曜日)
2 2
20日(水)
21日(木)
釣りだより
50~55センチのハマチ7匹 伊島沖 11日・長潮   2015/6/11 10:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [イカダ]<ウチノ海>9日、波風ともに穏やかだったが、午前中雨が降り肌寒い一日。市販のネリ餌を使い湾口のカセで27~36センチのチヌ3匹。

 [友釣り]<海部川>9日、午前中雨が降った。20センチほど増水していたが濁りはほとんどなかった。8時から4時間、相川谷で地元の人が15~18センチのアユ9匹。解禁時から渇水が続いていたが、増水で魚が移動して追いがよくなるので楽しみだ。

 [波止]<津田沖ノ一文字>8日、東の風が強く波もあり釣りづらい一日。5~8センチのアジの食いが活発。赤灯周辺で赤アミを餌にサビキ仕掛けで約500匹と12センチ前後のカタクチイワシ100匹、25センチ前後のサバ5匹。別の人もよくサオを曲げていた。白灯周辺で探り歩いた人は18~23センチのガガネ45匹。チヌ狙いはアタリはあるものの食いが悪くハリ掛かりしなかった。

 [船釣り]<伊島沖>9日、弱い北の風で波が少しあった。乗合船の2人がサビキ仕掛けで50~55センチのハマチ7匹と42~56センチのマゴチ4匹、45、58センチのマダイ、45、52センチのヒラメ、63センチのサワラ、25、30センチのキジハタを各2匹、18~23センチのガガネ10匹、42センチのホウボウ1匹。午前中はほとんどアタリがなかったが午後から集中した。別の船でも2人が赤アミを餌にサビキ仕掛けで28~42センチのマアジ50匹と38~45センチのサバ同数、40センチ前後のマルソウダ6匹、42~48センチのチダイ3匹。

 <鳴門海峡>7日、波風ともに穏やか。仕立船で6人がタイラバージグで30~74センチのマダイ17匹と45~65センチのマゴチ4匹、20センチ前後のガガネ3匹。(県釣連盟報道部)