徳島新聞Web

7月27日(木曜日)
2 2
27日(木)
28日(金)
釣りだより
小松島港沖ノ一文字で50~65センチのスズキ7匹 12日・若潮   2015/6/12 10:16
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<中林>10日、北の風が少し吹いたが波はなかった。エンバエチギレでは25~30センチのグレ3匹と42センチのキビレ1匹、20~23センチのガガネ3匹、20、23センチのメバル2匹。西の胴は25~30センチのグレ4匹と20~23センチのメバル3匹。ワラベ石のトウフは40、43センチのチヌ2匹。
 
 <由岐>10日、水温20・9度で上り潮。テグスでは25~30センチのグレ11匹。大バエは28~29センチを5匹。ムギバエは25センチを1匹と28センチのアイゴ同数。
 
 [波止]<津田沖ノ一文字>10日、赤灯周辺ではサビキ仕掛けで2人が5~7センチのアジを各千匹以上。別の4人も各500匹前後。また、イワシを餌にスズキを狙った人は45~65センチを4匹。落とし込み釣りでチヌは40センチ前後を2匹。白灯周辺では投げ釣りで13~20センチのキス7匹。同行の人も同型を6匹。
 
 <沖洲>10日、新町川河口左岸の岸壁で釣れるアジも一回り大きくなっていたが、イワシの回遊は少なくなった。午前中、サビキ釣りで6~10センチのアジ200匹余り。午後からも周辺では1時間に約50匹のペースで上げていた。日によって食いにムラがあり、前日の16時ごろにはハリの数だけアジが釣れていた。
 
 <小松島港沖ノ一文字>10日、白灯付近では沖アミを餌にフカセ釣りで20センチ前後のグレ10匹と13センチ前後のメバル20匹。中央付近でも同仕掛けで20センチ前後のグレ5匹。また、付近でルアーを使いスズキを狙った人は50~65センチを7匹。
 
 [船釣り]<鳴門海峡>10日、仕立て船からサビキ仕掛けを使い、2人で30~40センチのアジ、サバ交じりで大型クーラー満杯。
 
 <伊島沖>10日、沖アミを餌に水深20メートル前後の場所でサオ下をカゴ釣りで4人が、25~38センチのイサギをそれぞれ20匹前後。
 
 [イカダ]<由岐>10日、沖アミを餌にフカセ釣りで阿南市の人が52センチのマダイ1匹と40~51センチのチヌ3匹。本ハゲ狙いは25~28センチを11匹。
 
 [友釣り]<海部川>10日、平水より20センチ高く本流のコケは流れていた。相川谷で7時から場所を数カ所移動しながら約5時間、16~17センチのアユ15匹。(県釣連盟報道部)