徳島新聞Web

4月29日(土曜日)
2 2
28日(金)
29日(土)
釣りだより
勝浦川で16~20センチのアユ75匹 17日・大潮   2015/6/17 09:55
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [友釣り]<勝浦川>15日、渇水気味で20センチほど水位が低かった。解禁日で釣り人も多かった。16~20センチのアユが掛かり上勝では73匹。落合周辺では阿波闘流会の平尾綾さんが43匹。同行の4人も39、52、69、75匹。別の人らも30-60匹。下流の横瀬周辺で2人が32、48匹。別の人らも20匹前後。飯谷周辺もよくサオを曲げていた。また、コロガシ釣りは型が小さかったようだ。

 [磯]<中林>15日、出船時は穏やかだったが11時ごろから南の風が吹いた。エンバエのグレは西の胴で23~30センチを3匹と20~25センチのガガネ10匹。チギレで23~30センチを7匹と20、23センチのメバル2匹、20~23センチのガガネ3匹。

 <由岐>15日、水温22・2度。ムギバエで2人が25~28センチのグレ7匹と23~37センチのアイゴ同数。大バエは底物狙いが40センチのイシガキダイ1匹。テグスで25、30センチのグレ2匹。

 <恵比須浦>15日、水温21・4度。大辰巳周辺のハエで底物を狙った人が53センチのイシダイ1匹。

 <大島>15日、下りのち上り潮で水温22・5度。櫂投回りのジイで底物狙いが30~35センチのイシガキダイ3匹。

 [船釣り]<伊島沖>15日、水温20・1~21度、北の風から南西のち西の風で少しうねりがあった。自家用船で出掛けた阿南市の2人が8時半から4時間ほど沖アミを餌にフカセ釣りで25~37・5センチのイサギ13匹と35センチのウマヅラハゲ1匹。乗合船ではジグや釣った魚を餌に42~63センチのヒラメ4匹と48センチのマダイ2匹、68センチのスズキ、45センチのブリモドキ、38センチのマルソウダを各1匹、20~42センチのマトウダイ3匹、23~28センチのカイワリ同数、20~25センチのガガネ11匹、40センチのサバ2匹。

 <蒲生田沖>15日、少しうねりがあり水温20・4度。自家用船で出掛けた2人が13時から3時間半、タイラバージグで25~50センチのマダイ5匹。

 [イカダ]<ウチノ海>14日、ヤカタのマダイ狙いは、沖アミを餌にフカセ釣りで48センチを1匹と30センチのキビレ同数。近くでも25、37センチを2匹と40センチのチヌ、キビレを各1匹。25、30センチを2匹。カカリ釣りでも市販のネリ餌を使い20~40センチのチヌとキビレを合わせて3匹。(県釣連盟報道部)