徳島新聞Web

4月30日(日曜日)
2 2
30日(日)
1日(月)
釣りだより
20センチ前後のグレ30匹 小松島港沖ノ一文字 2日・大潮   2015/7/2 09:49
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [友釣り]<海部川>30日、平水時より10センチ程度増水。濁りはほとんどなかった。上流域では18~24センチの良型のアユの追いが活発。保勢周辺で8時から6時間、釣り歩いた人が21匹。

 <吉野川>29日、平水で濁りはなし。14時から3時間、美馬市でサオを出した阿波市の人が20~24センチのアユ14匹。

 [磯]<由岐>29日、北の風が強かったが波は穏やか。水温22・6度。25~30センチのツバスの食いが好調。テグスで16匹、23~27センチのグレ4匹、45センチのチヌ1匹。ムギバエで46匹。大バエで15匹、25センチ前後のアイゴ5匹。瀬のハエで2人が23~33センチのグレ14匹。

 <宍喰>29日、晴天で東の弱い風、波は少々。水温23・6度。前磯側でフカセ仕掛けで31、34・5センチのグレ2匹、36センチのイサギ1匹。カゴ仕掛けで25~28センチのグレ20匹と32~35センチのイサギ4匹、40センチのシマアジ、30センチのアイゴを各1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>30日、東の風が12時ごろから南東に変わり次第に強くなった。波は終日高かった。サビキ仕掛けで赤アミを餌に5~6センチのアジの食いが好調。白灯周辺と赤灯周辺でそれぞれ約300匹。

 <小松島港沖ノ一文字>30日、波風ともに穏やか。白灯周辺で赤アミをマキ餌にイシゴカイをサシ餌に使用して20センチ前後のグレ30匹、33センチのアイゴ2匹。サビキ仕掛けで11センチ前後のアジと20センチ前後のグレ、18~20センチのガガネ交じりで24リットルのクーラーに半分。

 [船釣り]<鳴門海峡>30日、12時ごろから南東の風が強くなり、次第に波も高くなった。6時から4時間、自家用船でタイラバージグで37~63センチのマダイ8匹。仕立船で4人が1時間ほど徳島港沖でサビキ仕掛けで40~45センチのサバ10匹。その後、鳴門海峡でタイラバージグで40~65センチのマダイ6匹、50、70センチのスズキ2匹、25センチのキジハタ1匹。

 <伊島沖>30日、波風ともに穏やか。水温21・5度。乗合船で4人がサビキ仕掛けで33~65センチのマダイ5匹と52~58センチのハマチ3匹、70~80センチのシイラ4匹、68センチのサワラ、30センチのカイワリを各1匹、35~40センチのアジ5匹、40センチのサバ同数。

 [投げ釣り]<香川・横内海岸>30日、北東の風で波は穏やか。濁りはほとんどなかった。10時から2時間、イシゴカイを餌に4本バリ仕掛けで12~23センチのキス45匹。遠投すると型がよかった。(県釣連盟報道部)