徳島新聞Web

8月22日(火曜日)
2 2
22日(火)
23日(水)
釣りだより
40~50センチのチヌ4匹 津田沖ノ一文字 10日・長潮   2015/7/10 10:20
このエントリーをはてなブックマークに追加

 8日は、梅雨前線の影響で、雨が降りやすい天候となった。また、太平洋沖に3個ある台風の影響か、うねりが高くなってきた。

 [波止]<沖洲>8日、早朝から3時間、赤アミを餌にサビキ仕掛けで10センチ前後のアジ200匹。時間帯で食いにムラがあった。

 <津田沖ノ一文字>8日、うねりが高かった。白灯周辺では投げ釣りで12~24センチのキス24匹。赤灯周辺では赤アミを餌にサビキ仕掛けで終日サオを出した人が10センチ前後のアジ千匹以上。10時からサオを出した2人も同型のアジを各300匹。通称ジャンボでイガイを餌に落とし込み釣りで40~50センチのチヌ4匹。同行の人も同型を2匹。

 <小松島港沖ノ一文字>8日、白灯付近で赤アミを餌にサビキ仕掛けで10センチ前後のアジ200匹余り。中央から少し白灯寄りではイシゴカイを餌にグレを狙った人が、20~27センチを25匹。

 <牟岐港>7日、沖アミを餌に終日サオを出した徳島市の人がウキ下2ヒロ半で30~45センチのチヌ3匹と30センチ前後のアイゴ2匹、27~28センチのアジ6匹。小さなフグが多く釣りづらかった。

 [磯]<愛媛・日振島>8日、釣り人は3人だけ。早朝はうねりが高く、北側の明海の先でサオを出し、少しうねりが収まった時間に7番に磯替わりした徳島市の人が50センチを頭に25~33センチのグレ15匹。沖は餌取りが多かったので磯際を狙った。

 [船釣り]<牟岐沖>7日、午前中、仕立て船で沖アミを餌に、ウキ下2~5ヒロでフカセ釣りをした2人が26~40センチのイサギ40匹と37~40センチのヒラソウダ5匹。

 [イカダ]<ウチノ海>8日、堂浦のヤカタでサナギを餌にカカリ釣りで28~42センチのチヌ4匹。別のヤカタは25、28センチを2匹。ヨウセイエビを餌にメバルを狙った人が20センチ前後を34匹。

 [友釣り]<海部川>毎日のように雨が降り水量が多い。8日の水量は平水より約30センチ増水。皆ノ瀬で午後からサオを出し17~21センチのアユ20匹。(県釣連盟報道部)