徳島新聞Web

7月28日(金曜日)
2 2
28日(金)
29日(土)
釣りだより
40~50・5センチのチヌ14匹 津田沖ノ一文字 16日・大潮   2015/7/16 10:05
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [友釣り]<海部川>14日、2日ほど晴天が続いたので平水より20センチ高までになったが上流部は少し濁りがあった。アユは小川口で14時から3時間で18~21センチを14匹。同行の初心者も同型を11匹。支流の相川では12時から4時間で18~23センチを22匹。別の人が8時から8時間で同型を21匹。

 [イカダ]<ウチノ海>14日、南の風がやや強く波が少々あった。風裏になるイカダでサオを出した人がサナギを餌に21~44センチのチヌ5匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>14日、12時から3時間ほどサオが振りにくいほどの南風が吹いたが次第に収まった。波も少々ありイガイを餌に落とし込み仕掛けでチヌの食いが活発。6時から6時間、通称ジャンボで40~50・5センチをサオ頭の人が14匹。別の2人が各8匹。別の2人が各7匹。14時から5時間で32~36センチのキビレを含む40~51センチをサオ頭の人が16匹。別の4人が13、12、8、3匹。同所で6時から6時間、サビキ仕掛けで7~8センチのアジ200匹。赤灯周辺で6時から6時間、サビキ仕掛けで2人が10センチ前後のアジを各500匹。12時から5時間の人は同型のアジ300匹。

 <小松島港沖ノ一文字>イガイを餌に落とし込み仕掛けで40~48センチのチヌの食いが活発。3人が14、11、7匹。サビキ仕掛けで12センチ前後のアジを24リットルのクーラー満杯。

 [船釣り]<伊島沖>14日、南の風がやや強く波も少々あった。水温22・5度。乗合船で6人が35~65センチのマダイ9匹と60~68センチのハマチ4匹。別の乗合船でも6人が40~62センチのマダイ8匹と65~70センチのメジロ2匹、50センチのヒラメ1匹。(県釣連盟報道部)