徳島新聞Web

10月21日(土曜日)
2 2
20日(金)
21日(土)
釣りだより
10センチ前後のアジ好調 津田沖ノ一文字 21日・中潮   2015/7/21 09:57
このエントリーをはてなブックマークに追加

 県南は、うねりがありほとんどの渡船は休業となり、大雨の影響で川も増水し釣り人はあまり見られなかった。
 
 [波止]<沖洲>19日、県釣具商組合と日本釣振興会県支部が主催し、アジ釣り大会が行われ37人が参加した。釣り人口増加と親睦を目的としており順位は付けず、釣り場のゴミを回収してきた人を対象に抽選でプレゼントが贈られた。釣果は、南寄りの風が強く釣りづらかったこともあり全体的に低調だったが地元の女性が岸壁からサビキ仕掛けで15~24センチのマイワシを中心に10センチ前後のアジを12リットルクーラーに7分目が目立った。また、新町川河口左岸の岸壁では初めて釣りをした徳島市の小学生鎌田耀太朗君、妹の幼稚園児の満温ちゃん親子4人が8~12センチのアジ42匹と15センチ前後のコノシロ16匹、17センチのマイワシ1匹。大会以外では、阿波市の西岡政則さんが27~30センチのコノシロ12匹。
 
 <津田沖ノ一文字>19日、アジ釣りは、赤灯で10センチ前後を3人が各自200-600匹。釣ったアジを餌に60センチのスズキ1匹。ガガネ狙いは、赤灯から通称ダンサ周辺を探り18~23センチを30匹。コーナーでは20センチ前後を15匹。白灯で投げ釣りをした人が15~27センチのキス16匹と40センチのキビレ1匹。また、通称ジャンボではイガイを餌に38~50センチのチヌ5匹。別の人が47センチを1匹。
 
 <小松島港沖ノ一文字>19日、3人がイガイを餌に探って、40センチ前後のチヌを各自5-7匹。アジ釣りは白灯で10センチ前後を26リットルクーラーに満杯。グレ狙いは、イシゴカイを餌に25~27センチを10匹。(県釣連盟報道部)