徳島新聞Web

7月23日(日曜日)
2 2
23日(日)
24日(月)
釣りだより
40~50センチのチヌ7匹 小松島港沖ノ一文字 28日・中潮   2015/7/28 09:12
このエントリーをはてなブックマークに追加

 熱帯低気圧になった台風12号の影響による波はあまりなかったが、ほとんどの渡船は出船していなかった。川は少し水位が高いものの濁りも少なくなってきているようだ。

 [波止]<津田沖ノ一文字>26日、一文字と通称ジャンボを会場に5時半から11時まで、63人が参加しイガイを餌にチヌ釣り大会が行われ、対象魚5匹までの重量を競った。38~45センチを中心に全体で46匹が計量された。優勝は一文字で、4300グラム(5匹)。2位も同所で3800グラム(4匹)。3位はジャンボで3200グラム(3匹)。最長寸はジャンボで50・8センチ。また、大会以外ではコーナーで38~45センチを3匹。白灯ではイシゴカイを餌に投げ釣りで18~27センチのキス20匹。

 <小松島港沖ノ一文字>26日、チヌ狙いは、イガイを餌に40~50センチを7匹。また、別の2人も40~48センチを合わせて7匹。赤灯では、サビキ仕掛けで、12センチ前後のアジと22センチのサバ、20センチのイワシで小型クーラー満杯。北防では、イシゴカイを餌に2人が20~23センチのグレを小型クーラーに各自満杯と60センチのスズキ1匹。

 <香川・引田>26日、周辺の波止で徳島市の人が、5時から5時間、35~45センチのチヌ3匹。別の人が45センチを1匹。6時半から8時間釣った人が、25~44センチを6匹。

 [友釣り]<勝浦川>26日、水位は平水より20センチ高く、少し濁りがあった。棚野周辺で6時から8時間、17~23センチのアユ34匹。

 <海部川>26日、平水より20センチ高く少し濁りがあった。コケが少なく釣り人は少なかった。カレイ谷周辺で正確な型は未確認だが良型そろいのアユ9匹。何日かすればコケも付き状況は良くなりそうだ。

 [イカダ]<ウチノ海>26日、ボイル沖アミを餌に28~48センチのマダイ3匹。ダンゴ釣りは、25、45センチのマダイ2匹。他のヤカタでも各自20~25センチのチヌ2-3匹。サヨリ狙いは、夫婦が25~30センチを100匹。他のヤカタでも30-50匹と20センチの小サバ、30センチのコノシロなども釣れていた。(県釣連盟報道部)