徳島新聞Web

7月24日(月曜日)
2 2
23日(日)
24日(月)
釣りだより
75センチ前後のサワラ22匹 伊島沖 29日・大潮   2015/7/29 09:45
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [船釣り]<伊島沖>27日、仕立て船で出掛けたグループがジギングで45~53センチのマダイ4匹と76センチのメジロ1匹、75センチ前後のサワラ22匹。

 [磯]<高知・甲浦>27日、少し波があり水温24度。赤灯台でウニを餌に底物仕掛けで30、36センチのイシダイ2匹と30、35センチのイシガキダイ同数。

 <高知・須崎>26日、波があり沖磯へは上がれなかった。湾内のコウギに上がった徳島市の人がネリ餌を使い30~46センチのチヌ10匹。

 [イカダ]<ウチノ海>27日、ヤカタでヨウセイエビを餌に2人が23~45センチのマダイ11匹と20センチ以下は多数。カカリ釣りでは35センチを1匹と45センチのチヌ同数。サビキ仕掛けでサオを出した家族は10センチ前後のミニアジ300匹余り。サヨリ狙いは25~30センチを20-50匹。前日は、南の風が強かった。ヤカタで沖アミを餌にフカセ釣りで撒き餌はボイル沖アミを使用し28~48センチのマダイ3匹。カカリ釣りでは25、45センチを2匹。別のヤカタでは20~25センチのチヌを各2-3匹。サヨリ狙いは夫婦が25~30センチを100匹。別のヤカタも同型を30-50匹。

 [波止]<宍喰漁港>26日、西寄りの風で少し濁りがあった。潮の動きは安定せず釣りづらかった。チヌは、港内の突堤で12時前から中央付近でハリス1号でサオを出した小松島市の人が42センチを1匹と23~28センチのキビレ3匹。先端付近で阿南市の人が51、47センチを2匹、23、25センチのキビレ5匹、45センチのへダイ1匹。先端では23、45センチを2匹と23、35センチのキビレ10匹。餌木を投げた人は0・2キロのアオリイカ1匹。

 <サツマ突堤>26日、潮の流れが安定せず釣りづらかった。13時半から3時間ほどサオを出した地元の人が25~40センチのチヌ4匹。

 <橘港>26日、12時から6時間、沖アミを餌に勝浦町の人が25~35センチのチヌとキビレを合わせて5匹。小松島市の人も25~40センチを12匹。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>27日、午前中は曇天で濁りもありチヌの食いが活発。沖アミやネリ餌を使いチヌは、28~44センチを14匹。30~47センチを10匹。33~44センチを6匹と34、44センチのへダイ2匹。33~40センチを5匹と33、44センチのへダイ2匹。35~38センチを3匹。

 [投げ釣り]<北の脇海岸>27日、午前中の2時間、イシゴカイを餌に投げ歩いた人が8~15センチのキス20匹。

 [友釣り]<勝浦川>26日、上勝で13時までサオを出した阿南市の人が16~20センチのアユ23匹。(県釣連盟報道部)