徳島新聞Web

8月22日(火曜日)
2 2
22日(火)
23日(水)
釣りだより
10~20センチのキス111匹 北の脇海岸 15日・大潮   2015/8/15 09:32
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<宍喰>13日、南西の弱い風。波は穏やか。水温28度。前磯側で餌木を使い0・9キロのアオリイカ1匹。前日も同型を1匹。バフンウニを餌に底物仕掛けで42センチのイシダイ1匹と30センチ前後のイシガキダイ2匹。

 [イカダ]<由岐>13日、南寄りの弱い風。うねりがあった。沖アミを餌にフカセ仕掛けで2人が32センチのマダイ1匹と25~29センチのカンパチ12匹、20~31センチの本ハゲ7匹。雨が強く降りだしたので13時に納竿。

 [波止]<津田沖ノ一文字>13日、波風ともに穏やか。赤灯周辺で2家族がサビキ仕掛けで12~14センチのアジを40-50匹。コーナー周辺で1家族が100匹。イガイを餌に落とし込み仕掛けで同所からダンサ周辺までを探り、40~48センチのチヌ7匹と35~40センチのキビレ2匹。通称ジャンボでは30センチのキビレと35センチのチヌ、40センチのカンダイを各1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>13日、波風ともに穏やか。サビキ仕掛けで3人が14センチ前後のアジを各自300匹。白灯周辺で2人が20センチ前後のガガネ、20~23センチのグレ交じりで24リットルのクーラーにそれぞれ満杯。

 <櫛木漁港>13日、西の弱い風。9時から2時間サオを出し40センチのチヌ1匹。ハリ外れが数回あった。餌取りが多く釣りづらかったが、ネリ餌を大きめに付けるとアタリがあった。

 [友釣り]<勝浦川>13日、渇水気味で濁りはなかった。今山周辺で6時半から約6時間サオを出し、16~21センチのアユ19匹。

 <海部川>13日、減水して濁りはなかった。場所によってアユの釣果にムラがあるようだ。小川口で8時間から6時間で13~21センチを20匹。大井周辺では12時から5時間で14~17センチを20匹。同行の友釣りが初めての人も同型を7匹。前日には荒瀬周辺で13~21センチを31匹。吉野橋周辺で14~17センチを20匹。大井周辺で同型を2人で50匹。

 [投げ釣り]<北の脇海岸>イシゴカイを餌に10本バリ仕掛けで5時から3時間サオを出し、徳島鱗友サーフの矢野勝彦さんが10~20センチのキス111匹。別の人は同型60匹。20メートル以内を探った。

 [船釣り]<鳴門海峡>13日、波風ともに穏やか。乗合船で4人がタイラバージグを使って30~55センチのマダイ20匹と20~30センチのガガネ15匹、45センチのヒラメ1匹。同型のホウボウ2匹。

 [ルアー]<那賀川>12日、長安口ダムで6時から8時間、自家用船で2人が緑色6インチの魚形ワームと茶色同サイズのストレートワームのノーシンカーリグで30~47センチのブラックバス7匹。(県釣連盟報道部)