徳島新聞Web

4月29日(土曜日)
2 2
29日(土)
30日(日)
釣りだより
25~45センチのマダイ6匹 ウチノ海 19日・中潮   2015/8/19 09:40
このエントリーをはてなブックマークに追加

 17日、県内は天気の予報が悪かったうえ、お盆の休み明けとも重なり波止や岸壁では釣り人の姿はあまり見られなかった。沖は少し波もあり磯渡しを見合わせた業者もあった。暑さが厳しい時期なので朝夕の数時間だけサオを出す人も多い。手軽な河口や波止、岸壁でもライフジャケットの着用し、安全をを心掛けたい。また各自の出したゴミは必ず持ち帰ってもらいたい。
 
 [友釣り]<海部川>17日、10センチほど増水していたが濁りはなかった。小川口で13時から3時間で15~18センチのアユ22匹。山鳥は13時から2時間で18~20センチを12匹。前日には皆ノ瀬周辺で12~20センチを26匹。保勢周辺では13~18センチを23匹。
 
 [イカダ]<ウチノ海>17日、午前中は曇っていたが12時すぎから雨が降り出した。ヤカタでヨウセイエビを餌に25~45センチのマダイ6匹と45センチのセイゴ1匹。近くでは赤アミを餌にサビキ仕掛けで2人が13センチ前後の小アジ200匹。
 
 [波止]<津田沖ノ一文字>17日、赤灯付近で赤アミを餌に市販のサビキ仕掛けで2人が13センチ前後の小アジ300匹。近くでも同型を200匹。10時ごろサオを納めた。
 
 <宍喰漁港>16日、7時半から3時間半ほど、沖アミを餌にハリス1号、チヌバリ2号、ウキ下4ヒロのフカセ釣りで勝浦町の人が25センチのキビレ1匹。
 
 [船釣り]<橘湾>16日、自家用船で出掛けた阿南市の人が10時から5時間半ほど、サビキ仕掛けで20~30センチのマアジ15匹と同型のマルアジ30匹。
 
 <蒲生田沖>16日、15時半から半時間、タイラバージグでサオを出した阿南市の人が指幅4本のタチウオ1匹と25センチのガガネ同数。南寄りの風が強く波も高くなったため早々にサオを納めた。
 
 [潮入り川]<日和佐川>16日、さつま突堤で午前中サオを出した人が54センチのチヌ1匹。河口の左岸で午前中、沖アミを餌にハリス1号、チヌバリ2号のフカセ釣りでウキ下2・5ヒロで山口魚影会の山田利明さんが48、49・7センチのチヌ2匹。近くでも25センチを同数。
 
 [投げ釣り]<新町川>16日、河口左岸の突堤で5時半から8時間、マムシやアオイソメ、イシゴカイを餌に25~40センチのキビレ6匹と12~18センチのキス5匹。
 
 [磯]<高知・甲浦>16日、少し波があり水温28・5度。エボシで那賀町の人が30~36・5センチのイサギ3匹と33センチのグレ1匹。(県釣連盟報道部)