徳島新聞Web

4月29日(土曜日)
2 2
28日(金)
29日(土)
釣りだより
40~53センチのチヌ4匹 小松島港沖ノ一文字 20日・小潮    2015/8/20 09:55
このエントリーをはてなブックマークに追加

 18日、県内は波風ともに穏やかだったが、盆明けのためか釣り人の姿は少なかった。これからの時期は穏やかな波の日でも急に大きな波が来ることがある。釣り場では安全を最優先にライフジャケットなどの装備を整え快適に楽しみたいものだ。

 [波止]<津田沖ノ一文字>18日、風はほとんどなかったが少しうねりがあった。ある渡船には釣り人2人。赤灯周辺で、イガイを餌に落とし込み仕掛けで6時すぎから3時間探り歩いた人が35~48センチのチヌ5匹。サビキ仕掛けで6時すぎから2時間余りサオを出した人は12~16センチのアジ200匹余り。中には18センチ前後の良型も交じった。

 <小松島港沖ノ一文字>18日、中央周辺で14センチ前後のアジをサビキ釣りで24リットルのクーラーにほぼ満杯。イガイを餌に落とし込み仕掛けで探り歩いた人は40~45センチのチヌ9匹と40センチ前後のキビレ4匹。別の人は40~53センチのチヌ4匹と40センチ前後のキビレ3匹。

 [友釣り]<勝浦川>18日、平水で濁りはほとんどなかった。沼江周辺で7時から9時間余りサオを出した人が15~24センチのアユ46匹。

 <海部川>18日、減水気味で濁りはほとんどなかった。アユの追いは活発。請橋上流で12~21センチを50匹。皆ノ瀬周辺では16センチ前後を主体に14~20センチを51匹。平井周辺では16~24センチを22匹。別の人が18~23センチを18匹。全員が9時前から7時間余りサオを出した。

 [投げ釣り]<香川・横内海岸>16日、波風ともに穏やかな釣り日和。6時から3時間、イシゴカイを餌に8本バリ仕掛けで10~18センチのキス50匹。50~80メートルの間でアタリがあった。(県釣連盟報道部)