徳島新聞Web

3月24日(金曜日)
2 2
23日(木)
24日(金)
釣りだより
30~57センチのマダイ7匹 蒲生田沖 23日・長潮   2015/8/23 09:52
このエントリーをはてなブックマークに追加

 21日、県内は台風15、16号の影響で波が高かった。台風が通過し波が収まるまで無理な釣行はせず安全な場所でサオを出してもらいたい。台風の通過後には比較的穏やかな湾内の波止や岸壁でも好釣果が期待できる時もある。各自が出したゴミは必ず持ち帰り、いつまでもきれいな釣り場を保ちたい。

 [イカダ]<高知・甲浦>21日、外海はうねりが大きく磯へは上がれなかったが湾内は穏やか。水温28・5度。フカセ釣りで33~40センチのへダイ3匹と25センチの本ハゲ1匹、25~26センチのシマアジ4匹。

 [波止]<高知・宇佐沖ノ一文字>21日、南の風が強かった。チヌ狙いが30~40センチを4匹。20センチ前後の小型が多く再放流。沖アミを餌に36センチのグレ1匹。中突堤では冷凍キビナゴを餌に25センチ前後のカマス5-10匹。赤アミを餌にサビキ仕掛けで13センチ前後のイワシ30-70匹。

 <津田沖ノ一文字>20日、赤灯付近で赤アミを餌にサビキ仕掛けで13センチ前後の小アジを小型クーラーに半分-7分目。

 <辰巳北突堤>20日、少し波があった。中央付近で9時から約1時間半、阿南市の人が沖アミを餌にハリス1号チヌバリ1号のフカセ釣りで32センチのアイゴと34センチのチヌ、15センチのメッキアジと同型の小アジを各1匹。釣ったイワシを餌に35センチのカマス同数。近くでルアーを投げた人も同型を同数。

 [潮入り川]<日和佐川河口>21日、少し濁りがあった。さつま突堤で25センチ前後のチヌ3匹。河口の左岸では夕方の3時間ほどサオを出した人が60センチ前後のボラ3匹。前日は13時から7時間半、南あわじ市の人がハリス1号のフカセ釣りで自作の加工沖アミを餌に45、50センチのチヌ2匹と40、42センチのへダイ同数、25センチのキス1匹、50~65センチのボラ6匹。同行の人はサオ3号に道糸5号ハリス5号ハリ12号のフカセ釣りでウキ下3ヒロ前後を狙い40センチのチヌと69センチのコロダイ、60センチのボラを各1匹。明るいうちにアタリがあり暗くなればボラやゴンズイしか食わなかった。

 [船釣り]<蒲生田沖>20日、うねりがあり潮はあまり動かなかった。自家用船で出掛けた阿南市の3人がタイラバージグで色を交換しながら14時半から4時間ほどサオを出し30~57センチのマダイ7匹。(県釣連盟報道部)