徳島新聞Web

8月22日(火曜日)
2 2
22日(火)
23日(水)
釣りだより
海部川で16~17センチのアユ54匹 27日・大潮   2015/8/27 14:46
このエントリーをはてなブックマークに追加

 25日、県内は台風の影響でほとんどの渡船が休業、目立った釣果はなかった。手近な波止場も釣り人の姿はほとんどなかった。朝夕は少し涼しくなり磯ではチヌ、川ではアユ、波止ではチヌやタチウオが釣れだし、何を釣りに行こうかと迷うような時期になってきた。釣り場では、ライフジャケットや磯靴などを身に着けて安全で快適に釣りを楽しみたい。
 
 [波止]<津田沖ノ一文字>24日、波風ともに穏やか。コーナー周辺の内向きで沖アミを餌にフカセ仕掛けで40、45センチのチヌ2匹と38センチのキビレ1匹。ウキ下を6ヒロ以上と深くして餌を底にはわせて釣った。チヌの姿はたくさん見えているので、沖アミがよく入るようになると食いも上向きそうだ。近くではサビキ仕掛けで14~17センチのアジ50匹。通称ジャンボでイガイを餌に落とし込み仕掛けで40~48センチのチヌ4匹。
 
 [友釣り]<海部川>24日、平水で濁りはなかった。玉笠で8時から7時間余りで16~17センチのアユ54匹。近くで5時間余りサオを出した人は同型を30匹。
 
 <勝浦川>23日、平水で濁りはなかった。沼江周辺で6時半から11時間足らずで16~21センチのアユ40匹。同時刻サオを出した別の人は同型を38匹。あるオトリ店によると、増水が思うほど多くなかったので今週末にはどうにか釣りになりそうだ。
 
 [船釣り]<鳴門海峡>24日、波風ともに穏やかな釣り日和。少し濁りがあった。仕立船で4人が6時から6時間タイラバージグを使い30~64センチのマダイ23匹と35~50センチのマゴチ3匹、30センチのキジハタ1匹。15~16センチのガガネ7匹。
 
 [お知らせ]中林磯は29日から渡船を再開し、抽選は6時からとなります。(県釣連盟報道部)