徳島新聞Web

8月23日(水曜日)
2 2
23日(水)
24日(木)
釣りだより
ウチノ海で46、60センチのマダイ 8日・若潮   2015/9/8 09:19
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>6日、アジ釣りは、16センチ前後をコーナーでは3人が各自30~50匹。通称ダンサ付近は同型を200匹。コーナー付近で投げ釣りをした人は20~26センチのキス10匹。イガイを餌にチヌ狙いは40センチを1匹。その後、通称ジャンボに移動し同型を同数。

 <小松島港沖ノ一文字>6日、中央付近で沖アミを餌に23センチ前後のグレ20匹。

 [友釣り]<勝浦川>6日、平水より30センチ高く、少し濁りがあった。沼江周辺で6時半から4時間半、15~21センチのアユ29匹。

 [イカダ]<ウチノ海>6日、ボイル沖アミを餌にフカセ釣りで46、60センチのマダイ2匹。カカリ釣りは、夫婦が20~25センチのチヌ20匹。別の人が同型を9匹。サシ餌は、サナギとコーン、沖アミを使用した。サビキ釣りは、13センチ前後のアジを8人が各自100~200匹。12センチ前後のウルメイワシもよく上がった。

 [磯]<福村>6日、雨が降ったりやんだりで、南寄りの風が強く吹いた。メーカーファングループのチヌ釣り大会が48人の参加者で行われた。対象魚5匹までの重量を競った。35~50センチまでを22人が計量し、優勝は、平バエで新居浜市の伊東勇さんが6310グラム(45~48センチ、5匹)。2位は、灯台下と淡島の鬼門で阿南市の條将大さんが5920グラム(40~45センチ、同数)。3位は、ワレで同市の表原稔さんが5775グラム(同型を同数)。

 [投げ釣り]<小松島港南防>6日、10時から4時間半、マムシとアオイソメ、イシゴカイを餌に29~36センチのキビレ3匹と25センチ前後のカマス5匹。アタリは午後になってから集中した。(県釣連盟報道部)