徳島新聞Web

3月29日(水曜日)
2 2
28日(火)
29日(水)
釣りだより
15~22センチのキス20匹 和田島大手海岸 11日・大潮   2015/9/11 09:54
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<沖洲>9日、港内は濁りもなくよく澄んでいた。午前中、赤アミを餌にサビキ釣りをした人が15センチ前後のアジとイワシ交じりで100匹余り。先週に比べイワシの比率が高かった。午後から2時間、沖アミを餌にフカセ釣りで徳島市の人がウキ下1ヒロで32センチ前後のチヌ4匹と20~28センチのグレ16匹。隣の人も同型のグレ15匹。7日、新町川河口左岸の岸壁で日没後の1時間、キビナゴを餌に電気ウキでウキ下1ヒロ半を狙い指幅3本のタチウオ1匹。

 <津田沖ノ一文字>9日、台風に備え午前中は出船を控えていたが、安全が確認できた14時から通称ジャンボに3人が渡った。イガイを餌に落とし込み釣りで35~51・5センチのチヌ4匹。別の人は40~47センチを3匹。もう1人は40センチを1匹。

 <和田島大手海岸>9日、波はなかった。中央付近の突堤で沖アミを餌にフカセ釣りでグレを狙ったが、釣果は15~22センチのキス20匹。20センチオーバーが6匹も交じっていた。

 <赤石東ふ頭>8日、夕方の2時間、赤アミを餌にサビキ釣りで15センチ前後のアジ50匹。その後、タチウオを狙い指幅2本半~3本を3匹。

 [船釣り]<伊島沖>8日、水温24・3~25・3度。乗合船から釣った魚を餌に、6人で85センチのメジロ、43センチのシオ、50センチのヒラメを各1匹と30~62センチのマダイ5匹、40センチ前後のハマチ、サバ交じりで20匹余り。

 [友釣り]<勝浦川>9日、水量は平水より30センチほど高かったが、気になるほどの濁りもなく残りゴケのあるポイントを狙う人が多かった。沼江では8時半から6時間で16~22センチのアユ28匹。

 <海部川>9日、午前中は平水より20センチ高かったが、徐々に減ってきた。9時半から3時間、支流の相川でサオを出し13~19センチのアユ22匹。同谷で11時半から5時間、13~20センチを30匹。本流の桑原、小川口の2カ所で13~18センチを54匹。

 [お知らせ]13日、中林は全島貸し切りとなります(県釣連盟報道部)