徳島新聞Web

8月23日(水曜日)
2 2
23日(水)
24日(木)
釣りだより
指幅3本前後のタチウオ5匹 答島港 20日・小潮   2015/9/20 09:55
このエントリーをはてなブックマークに追加

 18日、チリ沖地震の影響で早朝に津波注意報が発令された。予約のあった渡船業者は津波を警戒しほとんどの磯渡しや掛け釣りを見送った。また波止や岸壁も消防隊などの見回りで安全を考慮していた。釣り人も無理な釣行を控えてもらいたい。

 [友釣り]<勝浦川>18日、西寄りの風が強く釣りづらかった。今山橋上流で徳島市の人が10時から7時間サオを出し、17~23センチのアユ37匹。近くでも15~21センチを24匹。

 [磯]<福村>18日、北の風が吹いたが、海は穏やか。二階で25センチのチヌ3匹と同型のグレ3匹、20センチのマダイ1匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>17日、4時間ほどガガネを狙い釣り歩いた人が15~25センチを30匹余り。

 <亀崎港>17日、薄濁りで水潮気味。消波ブロックで11時から6時間ほどサオを出した阿南市の人がハリス1号、グレバリ4号のフカセ釣りでウキ下1ヒロ半前後を探り23~30センチのチヌ6匹と30~34センチのコノシロ3匹。同行の人も23、25センチのグレ2匹と24センチ前後のチヌ3匹。近くでも型は未確認だがチヌ5匹とグレ1匹。

 <恵比須浜>17日、薄濁りで少し波があった。17時から約3時間、アジを餌に0・2~0・3キロのアオリイカ5匹。

 <高知・宇佐沖ノ一文字>17日、少し波があった。沖アミとネリ餌を併用しフカセ釣りで30~39センチのチヌ6匹。投げ釣りでは45・5センチを1匹。中突堤では冷凍キビナゴを餌にウキ釣りで20~25センチのカマス5~10匹。沖アミを餌にフカセ釣りで44・5、45センチのチヌ2匹と25~28センチのカマス20匹。

 [イカダ]<ウチノ海>17日、ヤカタで赤アミを餌にサビキ仕掛けでサオを出した3人が13センチ前後のアジ200匹。近くで別の2人も同型を100匹。サシ餌をダンゴに包んだカカリ釣りでは25センチ前後のチヌ1~5匹。

 [ルアー]<答島港>18日、日没後から約20分バイブレーションを投げた地元の高校生が指幅3本前後のタチウオ5匹。周辺でも餌釣りで良くサオを曲げていた。

 <亀崎港>16日、東側の波止で地元の高校生がミノウを投げ、84センチのスズキ1匹。(県釣連盟報道部)