徳島新聞Web

8月22日(火曜日)
2 2
22日(火)
23日(水)
釣りだより
由岐で80センチのコロダイ 21日・小潮   2015/9/21 09:45
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<大浦>19日、11時から2時間、2号のレインボーカラーの餌木を使った石井町の宮本祐希さんが0・1~0・15キロのアオリイカ4匹。
 
 <津田沖ノ一文字>19日、北の風。落とし込み釣りでチヌが好調。40~50センチを8匹を筆頭に別の2人に7匹と6匹。他の5人が1~3匹。沖向きの消波ブロック際を狙うため少し長めのサオと太めのハリスが良いようだ。沖アミを餌にチヌは、2人が28~35センチを各4匹。別の人が25、35センチを2匹と38センチのアイゴ1匹。サビキ仕掛けにウキを付けて18センチ前後のアジは、赤灯で100匹。白灯で250匹。コーナーで6人が50~100匹。

 <小松島港沖ノ一文字>19日、沖アミを餌に23センチ前後のグレと15センチ前後のアジは、白灯でグレ40匹とアジ15匹。中央付近で3人がグレとアジを各20匹。

 <答島港>19日、ルアーとキビナゴを併用して指幅2本半のタチウオは、阿南市の戎井悠太さんが4匹。同行の人も4匹。他の人も5~20匹。

 [イカダ]<ウチノ海>19日、中央付近のヤカタはカカリ釣りで20~30センチのチヌ6匹。近くで2人が合わせて同型を10匹。周辺で吸い込み仕掛けを使い50~60センチのボラ18匹。サビキ仕掛けで13センチ前後のアジは2人で200匹。他のヤカタでもウルメイワシやマサバが釣れていた。

 <由岐>19日、水温24・7度。うねりがあった。4人が合わせて33~43センチのマサバ40匹と80センチのコロダイ1匹、28センチのスミヤキ1匹。別のサオでサヨリを狙い30センチを40匹と25~28センチの本ハゲ7匹。

 [磯]<中林>19日、強い北の風が次第に収まった。30~45センチのチヌと20~28センチのグレは、エンバエで5人が合わせてチヌ6匹とグレ23匹、28センチのアイゴ2匹。中ス胴でチヌ4匹と45センチのハマチ1匹。同東でチヌ3匹とグレ4匹。チョッポリでチヌ2匹とグレ3匹。沖磯でチヌ3匹と45センチのハマチ1匹。別の人がチヌ2匹。全員にチヌの釣果あり。

 [船釣り]<伊島沖>19日、水温23・9~25度。強い北の風でうねりがあった。乗合船で6人が50、68センチのマダイ2匹と80、85センチのメジロ2匹を含め40~45センチのハマチ15匹。別の船も6人で75センチのサワラ1匹と50、65センチのマダイ2匹、75センチのメジロ1匹を含め40~45センチのハマチ40匹と50センチのヒラメ2匹。(県釣連盟報道部)