徳島新聞Web

6月23日(金曜日)
2 2
23日(金)
24日(土)
釣りだより
25センチ前後のメッキアジ5匹 ウチノ海 26日・大潮   2015/9/26 09:45
このエントリーをはてなブックマークに追加

 九州から延びた前線の影響で早朝から雨が降り、県南部を中心に氾濫危険水位を超える河川もあった。そのため、釣行を控える人も多かったようだ。

 [友釣り]<勝浦川>24日、平水より70センチ増水で赤濁り。釣行の際は川の状態をオトリ店などで確認してもらいたい。7時から5時間半、沼江周辺で16~21センチのアユ35匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>24日、波が少しあり、南の風が吹いた。コーナー周辺でフカセ仕掛けで30センチ前後のチヌ4匹。サビキ仕掛けを使った3人が18センチ前後のアジを各50~100匹余り。

 <小松島港沖ノ一文字>24日、西の風で雨が強く降り昼にサオを納めた。5人で25センチのチヌ3匹。

 [船釣り]<伊島沖>23日、水温23・5~24・8度。ジギングと釣った魚を餌に50~65センチのカンパチ3匹と75センチのサワラ2匹、90センチのシイラ、62センチのヒラメを各1匹。北の風が南に変わり波が出てきたため、14時にサオを納めた。別の船も水深1000メートルの場所で1000グラムのメタルジグを使って70センチのバラムツ1匹。水深300メートルの場所へ移動して30センチのサバ1匹と25センチのユメカサゴ2匹。昼にサオを納めた。

 [磯]<恵比寿浦>23日、水温23・9度。下り潮。辰巳周辺のハエで30~35センチのイサギ4匹。30、38センチのイサギ2匹と30~35センチのアイゴ3匹。型や数は未確認だが、他にもイサギやアイゴを釣っていた。

 <高知・甲浦>23日、水温26度。うねりを伴い波が高かった。千畳バエでウニを餌に底物仕掛けで40センチのイシガキダイ1匹。

 [イカダ]<ウチノ海>24日、ヤカタからカカリ釣りで41センチのチヌ1匹。別の人は生きたエビを餌に25センチ前後のメッキアジ5匹と40センチのセイゴ1匹。近くではサビキ仕掛けを使い10~13センチ前後のイワシ200匹余りと13センチ前後のアジ50匹余り。前日は35センチのヒラメ1匹。

 <高知・甲浦>23日、1号で44、47センチのチヌ2匹と38~46センチのヘダイ7匹、44~48センチのコロダイ、25~27センチの本ハゲを各3匹。2号で40~45センチのコロダイ4匹と35~38センチのヘダイ、25~28センチのマダイを各3匹、30センチの本ハゲと同型のアイゴを各1匹。(県釣連盟報道部)