徳島新聞Web

10月19日(木曜日)
2 2
19日(木)
20日(金)
釣りだより
勝浦川で15~22センチのアユ20匹 8日・若潮   2015/10/8 09:56
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<福村>6日、北の風、12時ごろからうねりが出てきた。水温21度。丸島回りのワレ東で28センチのアイゴ5匹と内鬼門に替わって25、40センチのチヌ2匹を追加。

 <中林>6日、午前中は強い風、午後からは次第に収まった。エンバエ東の胴で阿南市の福田幹夫さんがチヌ2匹とグレ3匹、マダイ12匹、アジ7匹。東でグレ3匹とアジ2匹。西の胴で2人がアジ18匹とグレ3匹、マダイ1匹。中スでアイゴ4匹とアジ30匹。ワラベ石のトウフでチヌ3匹とグレ15匹、アイゴ7匹。西高でチヌ3匹とグレ8匹、アイゴ4匹。型はチヌ27~40センチ、グレ23~30センチ、アイゴ28~35センチ、マダイ25~40センチ、アジ15~30センチ。

 <由岐>5日、波風ともに穏やか。水温24・2度。カツオバエで2人が28~35センチのアイゴ19匹と28~33センチのシマアジ21匹。山ノハナで2人が28~36センチのアイゴ25匹と28~32センチのシマアジ36匹。平バエで30センチのアイゴ5匹と同型のグレ1匹。テグスで2人が28~35センチのアイゴ11匹と25~31センチのグレ9匹。

 [イカダ]<由岐>6日、北の風が強く釣りづらかった。1号で5人が30~37センチのサバ27匹と35センチ前後のヒラソウダ6匹、40センチのチヌ2匹。2号では6人で30~37センチのサバ34匹と35センチ前後のヒラソウダ14匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>6日、北の風が強く、風波が少しあった。沖アミを餌にコーナー周辺の沖向きでフカセ釣りをした人が28~40センチのチヌ6匹。別の人が4匹。内向きで4匹。白灯周辺の内向きで1匹。白灯周辺で35センチのアイゴ1匹。

 <小松島港沖ノ一文字>6日、波風ともに穏やか。赤灯周辺で23~25センチのグレ20匹と17センチのアジ7匹。中央周辺では15匹。白灯寄りで15匹。白灯周辺で10匹と25センチのチヌ1匹、17センチのアジ10匹。

 [友釣り]<勝浦川>6日、平水で濁りはなかった。イナバで10時から7時間で18~23センチのアユ33匹。沖野では15時から2時間半で15~22センチを20匹。

 <海部川>6日、ほぼ平水で濁りはなかった。チップ工場周辺で11時から6時間で15~21センチのアユ25匹。別の人が同型を11匹。前日には皆ノ瀬周辺で14~20センチを28匹。別の人が同型を20匹。

 [船釣り]<鳴門海峡>6日、午前中は北の風が強く、12時すぎから少し収まった。仕立船で4人が150グラムのメタルジグで指幅2~4本のタチウオ30匹。(県釣連盟報道部)