徳島新聞Web

7月27日(木曜日)
2 2
27日(木)
28日(金)
釣りだより
椿泊で30~52センチのチヌ5匹 23日・若潮   2015/10/23 09:30
このエントリーをはてなブックマークに追加

 21日は、四国の南沖合にある台風25号の影響で海上では波が高く県南の磯渡しはほとんどの業者が休業を余儀なくされた。週の初めからだんだんと波は高くなっている。週末も波が高い状態が予想される。釣行は安全第一で楽しんでもらいたい。

 [波止]<津田沖ノ一文字>21日、うねりが高く、潮位の上がる午後からは、一部の箇所では波止を越えるところもあったようだ。波の高い条件がチヌ釣りには好条件なのか、各所で30~40センチのチヌが釣れていた。白灯付近で2人が各2匹。白灯とコーナーの中間で4匹。コーナー付近は2人で2匹。別の人が1匹と27センチのグレ、30センチのキビレを各1匹。少し赤灯寄りで20匹。別の人が9匹。赤灯付近は28センチのグレ1匹と18センチ前後のアジ50匹余り。他の3人が2、3、4匹。

 <小松島港沖ノ一文字>21日、赤灯付近では27センチのチヌ1匹と20~27センチのグレ5匹、17センチ前後のアジ30匹。別の人が20~25センチのグレ10匹と17センチ前後のアジ30匹。中央付近は20~25センチのグレ30匹。別の人も同型のグレ30匹。白灯付近は3人が同型のグレ10~30匹。アジ狙いの人は17センチ前後を60匹。北防は25センチ前後のチヌ7匹と17センチ前後のアジ50匹。

 [イカダ]<ウチノ海>21日、堂浦のヤカタでネリ餌や沖アミを餌にカカリ釣りで25センチ前後のチヌ3匹。近くでは赤アミとヌカをマキ餌に、小粒の沖アミを餌にウキ釣りで25~30センチのサヨリを3人で200匹余り。

 <椿泊>21日、湾内の釣りイカダでは徳島市の日浅康雄さんがパッチンや生サナギを餌にカカリ釣りで30~52センチのチヌ5匹。

 <由岐>20日、水温22・8度。2人がフカセ釣りで50~53センチのハマチ3匹と37~40センチのサバ4匹。

 [磯]<愛媛・矢ケ浜>21日、嘉島周辺のハエでは徳島市の人が25~41センチのグレ15匹。別のハエでは鳴門市の人が25~45センチのグレ10匹。

 <愛媛・中泊>21日、松島では徳島市の人が35センチ前後のアイゴ2匹と同型のグレ1匹、25センチ前後の本ハゲ5匹。午前中は水温23度だったが波が高くなってきた午後から水温も上がりキツが多くなって釣りづらくなった。(県釣連盟報道部)