徳島新聞Web

3月26日(日曜日)
2 2
26日(日)
27日(月)
釣りだより
20~26センチのサヨリ好調 ウチノ海 26日・大潮   2015/10/26 09:46
このエントリーをはてなブックマークに追加

 24日、県内は天候には恵まれたが海上では波が高くうねりをともなった状態が続いている。濁りや荒れがあるため各所ではチヌの好釣果が連日聞かれるが釣行の時は、安全面に十分注意したい。また、必要以上の魚は放流し、資源保護にも努めたいところだ。

 [投げ釣り]<新町川河口>24日、左岸の突堤で6時から7時間、マムシとアオイソメ、イシゴカイを餌に25~32センチのキビレ11匹と25、26センチのメッキアジ2匹。

 [イカダ]<ウチノ海>24日、中央付近のヤカタは、カカリ釣りで20~25センチのチヌ9匹。周辺の2カ所で同型を3、5匹。また、職場のグループや家族連れなどがサビキ仕掛けを使い12センチ前後のアジを各50~150匹。数は未確認だが同型のイワシもよく釣れていた。サヨリ狙いは、20~26センチを各100~200匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>24日、東の風で波も高くうねりもあった。沖アミを餌に30~50センチのチヌの好調が続いているが場所によってはアタリが少なくなってきた。コーナーの裏向きで徳島市の人が20匹。近くで10匹。夫婦が合わせて3匹。周辺では6人に釣果があり各2~6匹。赤灯周辺で3人が2、4、6匹と17センチ前後のアジを各50匹。近くでサビキ仕掛けを使い同型のアジ200匹。別の人が150匹。通称ジャンボは落とし込み釣りで35~45センチのチヌ5匹。

 <小松島港沖ノ一文字>24日、中央付近でグレは、2人が23~32センチを各20匹。別の人が25~30センチを10匹。白灯で同型を10匹。付近で沖アミを餌に2人が17センチ前後のアジを各80匹。北防で27センチのチヌ5匹と17センチ前後のアジ50匹。

 [磯]<福村>24日、北の風でうねりが多少あった。土佐バエで30~40センチのチヌ5匹と30センチのアイゴ、28センチのグレを各1匹。

 <中林>24日、北の風でうねりが多少あったが次第におさまった。25~41センチのチヌ、35センチ前後のキビレは、エンバエの東でチヌ1匹。胴裏でチヌ1匹と30センチのマルアジ1匹。西でチヌ2匹とキビレ1匹、25センチのマダイ1匹。胴西で阿南市の寿田繁典さんがチヌ6匹とキビレ2匹、25、37センチのマダイ2匹と57センチのウスバハゲ1匹、29センチのマルアジ1匹。同所で別の人がチヌ2匹とキビレと30センチのマルアジ、25センチのマダイを各1匹。中スでチヌ4匹と23~25センチのグレ3匹、20、23センチのメバル2匹。ヨコスでチヌ2匹。地ス西ベリでチヌ3匹。ワラベ石トウフでチヌ4匹と23~25センチのグレ6匹。高崎でチヌ3匹と23~25センチのグレ7匹、15センチのアジ10匹。(県釣連盟報道部)