徳島新聞Web

3月26日(日曜日)
2 2
26日(日)
27日(月)
釣りだより
ウチノ海でサヨリ好調 11日・大潮   2015/11/11 10:21
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [磯]<中林>9日、風は吹かなかったが少し波があった。エンバエ東の胴で35~42センチのチヌ3匹と25、28センチのマダイ2匹、20、25センチの本ハゲ2匹。ワラベ石トウフは9時半からサオを出し38~45センチのチヌ3匹と60~70センチのボラ4匹。前日は、出船時、南の風で波も高かった。ヨコスで勝浦町の河野洋一さんが30~44センチのチヌ4匹と36センチのサバ1匹。

 <日和佐>9日、水温21~22度。うねりがあり大きな磯しか上がれなかった。理容組合の磯釣り大会が行われ11人が参加。対象魚は23センチ以上のグレ、チヌ、マダイ、アイゴ、イサギ、イシダイ、イシガキダイ。参加者全員に釣果があり計量に持ち込まれたのは30センチ主体に28~37センチのイサギ、25~35センチのアイゴ、35~45センチのチヌがほとんどでグレは25センチが1匹、イシダイも45センチが1匹。優勝は稲船の東オクで阿南市の山田利明さんが45センチのチヌと30センチのアイゴを各1匹と35センチ前後のイサギを7匹(4445グラム)。2位は甲の浦の平バエ東ウラで同市の山ノ内浩三さんが30~35センチのアイゴを4匹と43センチのチヌ1匹(2760グラム)。3位も同所で同市の前川和正さんが35、42センチのチヌ2匹と25センチのグレ1匹。対象外では40センチ前後のヒラソウダも釣れていた。餌取りが少なくサシ餌が残る事が多く、深く探った方が良かったようだ。

 <大島>9日、下り潮から上り潮で水温21・3~22・5度。アイゴは港回りのフンドシで37センチを1匹と25~28センチのイサギ4匹。裏回りのオハナで27~35センチを5匹。スベリで30~33センチを4匹。田所で25~35センチを4匹と25センチのイサギ2匹、23~27センチのグレ8匹。

 [イカダ]<ウチノ海>9日、ヤカタでサヨリ狙いが25センチ前後100匹。サビキ仕掛けでも同型のサヨリ60匹と15センチ前後のアジ10匹、同型のイワシ60匹。近くでも3人が同型のアジ100匹とイワシ、サヨリは多数釣っていた。ヨウセイエビを餌に25~30センチのマダイ6匹と同型のメッキアジを2匹。

 [船釣り]<橘湾>9日、北のち北東の風で少しうねりがあった。濁りはなく潮もあまり動かなかった。自家用船で出掛けた阿南市の3人が13時半から2時間半ほどサオを出し、40~75グラムのタイラバージグと20~30グラムの餌木で磯周辺を移動しながら流し25~43・5センチのマダイ8匹と35センチのエソ1匹、40センチのマゴチ1匹、23センチのガガネ1匹、0・2~0・7キロのアオリイカ6匹。タイラバージグと餌木の色を変えながら狙ったが、アタリは小さく分かりづらかった。(県釣連盟報道部)