徳島新聞Web

3月26日(日曜日)
2 2
26日(日)
27日(月)
釣りだより
17~18センチのアジ好調 小松島港沖ノ一文字 12日・大潮   2015/11/12 09:57
このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日、県内は強い北寄りの風のため波が高く、出船を中止した渡船も多かった。徐々に水温も下がりだし、餌取りの小魚も少なくなって本格的な磯釣りシーズンになってきた。釣り場では、ごみなどを残さず持ち帰り、いつまでも気持ちよく釣りを楽しめるようにしたいものだ。

 [磯]<福村>10日、強い北の風が吹いたが波はあまりなかった。水温19度。中津回り上総の東で30センチ前後のチヌ2匹。丸島回りの二階の東で同型のチヌ4匹と28センチ前後のアイゴ2匹。

 <宍喰>10日、曇天で弱い北寄りの風が12時すぎから東に変わり強くなり、風波も少々あった。水温21・2度。那佐半島のメンバエで2人がガンガゼウニを餌に底物仕掛けで34~42センチのイシガキダイ4匹。

 [波止]<津田沖ノ一文字>10日、12時から3時間余り北の風が強く波も高くなった。赤灯周辺で沖アミを餌にフカセ仕掛けで30~35センチのチヌ3匹。別の2人が28センチ前後のチヌ2匹。コーナー周辺の沖向きでは27~40センチのチヌ6匹。別の人が35センチのチヌ1匹。内向きではサビキ仕掛けにウキを付けて投げた人が27~29センチのマルアジ7匹。別の2人が3匹。

 <小松島港沖ノ一文字>10日、弱い西の風が北に変わり次第に強くなり、波も高くなった。17~18センチのアジの食いが好調。赤灯周辺でサビキ仕掛けで14時までに2人が24リットルのクーラーに8分目。別の2人が同型のクーラーに7分目。中央寄りで沖アミを餌にフカセ仕掛けで25センチ前後のチヌ3匹と15~16センチのメバル30匹。中央周辺で25センチ前後のチヌ3匹と15~16センチのメバル30匹、23センチの本ハゲ1匹。白灯周辺では12時までに25センチのチヌと23センチの本ハゲを各1匹、15~16センチのメバル20匹。

 <小松島港北防>10日、沖アミを餌にフカセ仕掛けで2人が25~30センチのチヌ5匹。

 [船釣り]<伊島沖>10日、強い北の風で波も高かった。水温20~23度。乗合船で5人がサビキ仕掛けで68、70センチのメジロ2匹と50センチのヒラメ1匹、20~30センチのガガネ3匹。(県釣連盟報道部)