徳島新聞Web

8月22日(火曜日)
2 2
22日(火)
23日(水)
釣りだより
伊島で51センチのイシダイ 13日・大潮   2015/11/13 09:23
このエントリーをはてなブックマークに追加

 [波止]<津田沖ノ一文字>11日、コーナー付近ではサビキ仕掛けにウキを付けマルアジを狙った3人が30センチ前後のマルアジを合わせて6匹。同所で沖アミを餌にフカセ釣りでチヌ狙いは28~43センチを4匹。別の人も28~35センチを4匹。少し南に寄った場所で35センチを1匹。周辺では2人が30センチ前後を各3匹。

 <新町川>11日、河口の岸壁で14時半から2時間、沖アミを餌にアジを狙った3人が18センチ前後を40匹。

 <小松島港沖ノ一文字>11日、中央付近でイシゴカイなどを餌にグレ狙いの人は20~27センチを15匹。赤灯と中央の中間では15センチ前後のメバル30匹。チヌ狙いの人は27センチ前後を3匹。赤灯付近はサビキ仕掛けで2人が18センチ前後のアジ各180匹。フカセ釣りで狙った人も同型を150匹。終日ガガネ狙いで探った人は20センチ前後を50匹余り。

 [磯]<福村>11日、水温19度。波やうねりもなく穏やかだった。丸島回りの内鬼門では30センチ前後のチヌ7匹と同型のアイゴ4匹。二階の東は30センチのチヌ1匹と15センチ前後の小ダイ30匹。

 <中林>11日、出船時から北の風が少し吹いていたが9時過ぎから強くなった。30~47センチのチヌはエンバエ西の胴で2匹と25~28センチのマダイ3匹、30センチのイシダイ1匹。東の胴は3匹と20~28センチのマダイ4匹、25~30センチの本ハゲ3匹。ワラベ石のトウフは2匹。東も2匹。また、消波ブロックは2匹と30センチのアイゴ1匹。別の人は2匹と30~35センチのアイゴ4匹、28センチのイシダイ1匹。

 <伊島>11日、北の風は強く吹いていたが波はなかった。釣りクラブの70人が参加しグレ釣り大会が行われた。8匹までの重量を競い、23~39センチを半数の35名が計量。マナイタの地で小松島市の大西泰弘さんが2560グラム(4匹)で優勝。オンビキの地で阿南市の柳田拓磨さんが1380グラム(2匹)で2位。ヒナダンで徳島市の冨田浩章さんが1310グラム(1匹)で3位。

 他魚ではオンビキのオチで51センチのイシダイが上がった。

 <由岐>11日、水温20・8度。キクサンは23~28センチのグレ10匹。テグスでは25~30センチを16匹と27センチ前後のイサギ6匹。同西は30センチのグレと35センチのアイゴを各1匹。平バエは30、35センチを2匹。大ネムリでは35~43センチ6匹。ムギバエは25~35センチのマダイ4匹と35センチ前後のアイゴ2匹、40センチのチヌ1匹。(県釣連盟報道部)